ブログ | 腸内環境サプリメント「惚れ惚れウンコ」など健康補助や美白食品の通販とマクロビ、ストレッチスクールの八○屋


ブログ

惚れ惚れとした便り

2019/07/06

IMG_1256

皆さんの大きな便りはどんな感じですか?

 

惚れ惚れとした便りは、『ズリズリぼっとん。』という感じではありません。

 

一気に『ストン。』

 

これで終わり。

 

出した後は、お腹の中に何も残った感じがなくスッキリ爽快。(^^)/

 

『ストン。』だと、何だか短いのが少し出たのかなと思うのですが、自分の出した大きな便りを見てみると、太くて長いものがとぐろを巻いています。(@_@

 

出してみて、量の大きさ多さにびっくりします。

 

そして、悪臭がしない。

 

臭くないのです。

 

これが惚れ惚れとした便りです。

 

このような便り(ウンコ)がでる理由は、腸内環境が善玉菌でいっぱいであり、悪玉菌よりもはるかに勝る善玉菌の占有率が高い証拠です。(腸内が善玉菌だけで悪玉菌がゼロになることはありません。)

 

今、発酵食品が流行っていますが、発酵とは善玉菌による分解活動のことで、その逆の腐敗は悪玉菌による分解活動のことです。

 

であれば、腸内の善玉菌を増やせばいいだろうと考えがちですが、外から健康食品などの善玉菌をいくら摂っても、その時は良さそうですが腸内に定着しないので、惚れ惚れとした便りにはならないようです。

 

大事なのは、腸内環境が常に善玉菌が悪玉菌よりも優勢な状態を保つということです。

 

腸内環境の善玉菌が優勢な状態であれば、腸の蠕動運動が活発になり腸粘液が大きな便りを包み込むので、出すときは一気にスルッと出て来るのです。

 

そして大事なのは、その腸粘液は善玉菌そのものであり、免疫など健康にいい菌がたくさん含まれます。

 

腸内環境の善玉菌が圧倒的に優勢な状態であれば、腸内は自力の健康食品工場だということになります。

 

外から腸内に善玉菌を摂るのではなく、腸内に元々住んでいる善玉菌に善玉菌が喜ぶ餌を与えてあげることが腸内活動を活発にすることです。

 

惚れ惚れとした便りとなる餌、惚れ惚れウンコの素を毎日腸内の善玉菌に与え続けましょう。

 

便秘の人も、下痢の人も、普通の人も、太くて長くて臭くないのが一気に出る惚れ惚れとした便りが経験できます。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ

 

~~~~~~~~

 

☆健康で幸せになる心とカラダの鈴木保江のホームページ
硬いカラダ、緩みすぎたカラダでは運がつかめません。

運をつかむカラダつくりをお試しください。

出張パーソナルトレーニング実施中!
ホームページ: http://www.shizenhi.com

☆健康情報提供のメルマガ
携帯でもPCでも登録は簡単!
メルマガ登録はHP画面トップから
ブログ: https://www.hachimaruya.com/archives/423/

フェイスブック:https://www.facebook.com/808aoki

mail: info@hachimaruya.com

 

 

自分も日々勉強

2019/06/22

2013051409150000.jpg

『先日買った米に虫がわいてきました。』『先日買った醬油の味が変なんです。』

 

私共の店に、そのような問い合わせが時々あります。

 

保存状況を聞きますと、この時期、日の当たる場所や温度が高くなってしまうような所に放置しているという回答がほとんどです。

 

私共はカラダに良い商品を扱っていますので、商品のほとんどは、農薬や保存料や最低限の添加物しか使われていません。

 

そんなに神経質になることはないのですが、健康志向の人はけっこうこだわるようです。

 

無農薬の米などの農作物を作るには、生産者の方々は大変な努力で作られています。

 

種まきから収穫までの話を聞きますと感動ものです。( ᵕ_ᵕ̩̩ )

 

美味しい農作物であればあるほど、虫も好んで寄ってきます。

 

なおかつ、作物に薬品が使われていなければ、虫たちにはこの上ないごちそうになります。

 

そんな美味しいごちそうは、虫にはあげたくないですよね。

 

生産者が並々ならぬ苦労をして作った農作物を、今度は消費者が美味しく食べられるようしっかりとした方法で保存する必要があります。

 

つまり、消費者も健康にこだわるのなら農作物をどのように保管し、いつまでに食べたら美味しく食べられるかは知っておくべきだと思います。

 

そして、自分の五感で、農薬や、添加物を使った食べ物とそうではない食べ物の違いを知っていただきたいと思います。

 

だんだんその味に慣れてくれば、周りの人が美味しいと流行っているものでも、それが自然のほんとうに美味しい味を出しているのか、人工的に美味しく作られているのか分かってくると思います。

 

健康になるための食べ物にこだわるのなら、カラダに良いという情報だけでその作物に飛びつくのではなく、その食べ物に対する知識と経験も積んでいくことが自分の健康には大事なことだと思います。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ

 

~~~~~~~~

 

☆健康で幸せになる心とカラダの鈴木保江のホームページ
硬いカラダ、緩みすぎたカラダでは運がつかめません。

運をつかむカラダつくりをお試しください。

出張パーソナルトレーニング実施中!
ホームページ: http://www.shizenhi.com

大きな便り

2019/06/15

健康食

自然の中で生きている動物は、餌を誰かにもらっているわけではないのに、なぜ生きていけるのでしょう?

 

誰でもが分かることだと思います。

 

それぞれの動物が生きられる自然な食べ物や、生きていける環境があるからです。

 

人間はその生きていく環境を、より便利に快適にするために、かなりのスピードで進歩させていった結果、森や林や川などの自然環境を変え都会化してきました。

 

そして、人口が増えていく中、将来は食べ物も人工的に作って(加工して)いかないと、足りなくなると警告している人もいます。

 

もうすでに、加工食品は調味料を含め多くの分野で活躍しています。

 

商売ベースで考えれば、これからも安くて美味しくて簡単に食べられるものを流行らせていくでしょう。

 

その影響はすでに出現しており、日本人の死亡率のトップがガンであったり、花粉症などのアレルギーが毎年増えています。

 

専門家は、カラダが病む原因を探すよりも、薬など病んだ結果の対処方法を知らせてくれます。

 

専門家のような研究をしなくても、自分が病む警告として共通なのが、大きな便りの内容をしっかり受け取ることです。

 

大きな便りとは、大便でありウンコのことです。

 

自分の大きな便りは毎日届くのがあたりまえ。

 

何日も便りが届かなかったり、しっかり固まらずに水のように出てしまうのは便通異常です。

 

毎日大きな便りがあったとしても、便が悪臭であれば大きな便りは腸内で腐敗してしまったということです。

 

腐敗は腸内の悪玉菌が優勢なため起こった結果であり、悪玉菌が好む食事内容だったということが分かります。

 

いくら発酵食品がいいからといって食べたとしても、大きな便りが『悪臭です。』と知らせたら自分の健康のために、食べ物の内容を考える必要があると思います。

 

元々自分のお腹にいる善玉菌が好む食事内容に変えるだけで大きな便りは『あなたの便は臭くありませんよ。』と知らせてくれます。

 

それが毎日の習慣になるよう、世の中の常識を鵜呑みにせず、腸内の発酵と腐敗の違いを大きな便りで知り理解することが大事だと思います。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ

 

~~~~~~~~

 

☆健康で幸せになる心とカラダの鈴木保江のホームページ
硬いカラダ、緩みすぎたカラダでは運がつかめません。

運をつかむカラダつくりをお試しください。

出張パーソナルトレーニング実施中!
ホームページ: http://www.shizenhi.com

木を見て森を見ず2

2019/06/08

170717_104250

何歳になったら自分が年を取り、カラダの機能が衰えてきたと感じるのでしょう?

 

氣持ちはいつまでも若いかもしれませんが、必ずカラダの衰えはやってきます。

 

年をとると唾液が少なくなりデンプンを分解する能力が低くなる。

 

食べたものを消化する機能が衰えれば唾液だけではなく、カラダ全体の機能に影響します。

 

健康食品などで、『年と共に衰える機能改善に・・・・・・!』という宣伝をよく見ます。

 

今の例えで、年と共に唾液が少なくなるのだから、唾液を増やす健康食品などという唾液だけに注目した健康食品を摂ることが、仮に唾液が増えるようになったとしても、本当に健康になるのでしょうか?

 

カラダは頭から足先まで全体の機能が正常に働くことが大事なのではと思います。

 

年を取り、カラダの機能が衰えることは誰でもやって来るのですから、あるていどの年齢になったら、自分のカラダがどのような状態かを認識する必要があると思います。

 

認識ができたら、自分の将来の状態をイメージし、これからも健康に生活していけるよう正しい生活習慣を身に着けるべきだと思います。

 

周りで流行っていようがいまいが、自分に合った正しい情報を選択し、考えているだけではなく、行動し、やり続けることが悔いのない生き方になるのではないかと思います。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ

~~~~~~~~

 

☆健康で幸せになる心とカラダの鈴木保江のホームページ
硬いカラダ、緩みすぎたカラダでは運がつかめません。

運をつかむカラダつくりをお試しください。

出張パーソナルトレーニング実施中!
ホームページ: http://www.shizenhi.com

洗顔も大事な生活習慣

2019/05/31

hiyake

お肌の健康を目的とした洗顔フォームの特徴の一つに『水でも泡立つ。』とあります。

 

水で泡立つことが、お肌の健康に大事な理由とは何でしょう。

 

石鹸は汚れを落とすものですが、見ての通り固まっています。

 

固まるという性質は陽性の性質なので、引き締まる作用ということ。

 

洗顔は毛穴の汚れまで落とすことが、お肌の健康を保つ目的ですから、石鹸の作用では化粧などの成分は落ちにくい。

 

多くの石鹸は牛脂と苛性ソーダでできています。

 

牛脂はその名の通り牛の脂。

 

牛脂は約42度で溶けるので、水では溶けにくくお湯を使った方が楽に泡立ち、洗った感じもいいと思います。

 

しかし、お湯で温まった肌は緩みやすくしわができやすい状態をつくります。

 

冷たい水での石鹸使用は、泡立ちにくく洗った感じが得にくいのです。

 

陰性の洗顔料は、水でも泡立ち毛穴の奥までキレイにするので、いつも健康な肌の状態を保ちます。

 

そして、石鹸を使ってキレイに洗ったつもりでも、牛脂は落ちにくく多少でも肌に石鹸の成分が残ることがあります。

 

その成分に苛性ソーダが含まれます。

 

苛性ソーダは海水より作られていますので、お肌にその成分が残っていると日焼けの原因となります。

 

海水浴で肌が黒くなりやすいのは海水の苛性ソーダも原因のひとつです。

 

そして安価な洗顔料は、合成界面活性剤を使用しているので汚れを溶解しますが、皮膚細胞まで影響するので、皮膚は溶解されまいと厚く硬くなっていきます。

 

朝、化粧をし、夜化粧を落とす。

 

そんな習慣を毎日繰り返していくのであれば、毎日の化粧を落とす習慣のなかに、できるだけお肌の健康にいい洗顔方法を習慣にすることをオススメします。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ

~~~~~~~~

 

☆健康で幸せになる心とカラダの鈴木保江のホームページ
硬いカラダ、緩みすぎたカラダでは運がつかめません。

運をつかむカラダつくりをお試しください。

出張パーソナルトレーニング実施中!
ホームページ: http://www.shizenhi.com

page top