ブログ | 腸内環境サプリメント「惚れ惚れウンコ」など健康補助や美白食品の通販とマクロビ、ストレッチスクールの八○屋


ブログ

頼らない

2022/03/20

おめが3

サプリメントの情報をいただきました。

 

内容: 『コロナをきっかけに認識が深まったひとつに免疫システムがあります。

通常は非自己である異物を認識し排除しますが、免疫システムが機能不全に陥ると自分自身の正常な細胞や組織を攻撃し、症状や機能障害を起こしてしまいます。

関節リウマチや多発性硬化症、橋本病、バセドウ病、子宮内膜症や炎症性腸疾患などの自己免疫疾患は、日本でも増加傾向ともいわれています。

この自己免疫疾患の罹患リスクを、ビタミンDサプリやオメガ3系サプリが抑制することを、ハーバード大学らの研究班が2万5千人対象の研究で明らかにしました。

有力医学誌British Medical Journalでの発表は米国サプリメント団体CRNがプレスリリースで報じるなど、大変な反響をよんでいます。

サプリメントで取りにくい栄養を補完して、疾病予防に役立てていきましょう。』以上。

 

ビタミンDやオメガ3系の組み合わせのサプリメントの効果の症例が紹介されています。

 

確かに効果はあると思いますが、よく考えた方がいいと思うのです。

 

ビタミンDは、日光から摂れませんか?

 

ビタミンDのサプリメントを勧める人は、日光浴では量が足りないと言います。

 

日にカラダをさらすと、皮膚ガンが気になるという人もいますが、日本の日差しでは、夏でもガンになる要素はないという人もいるのです。

 

そして、毎日の摂取する油を、オメガ3系にすれば・・・・・。

 

そのように、免疫というだけで免疫に効く何かを探し回るよりも、免疫に効果のある毎日の食生活と、健康を保つ程度のカラダを動かすことがほぼ毎日できていれば、サプリメントなどは必要ないような気がします。

 

必要だとされる商品の説明をまことしやかにされると、コロナなどの流行る現在では、何か摂ろうと思うのは分かる気がしますが、毎日自信を持った生活習慣を続けていれば、何も恐れることはないと思います。

 

調子が悪いと『薬』など、すぐ何かに頼ろうとせず、毎日の自分を信じられるような生活習慣を心がけたいと思います。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

 

~~~~~~~~

 

☆健康情報提供のメルマガ
携帯でもPCでも登録は簡単!
メルマガ登録はHP画面トップから
ブログ:https://ameblo.jp/hachimaruya/

URL:https://www.hachimaruya.com/

 

ストレッチのコツ

2022/02/27

青トレ

スポーツ的なストレッチは、筋肉を伸ばします。

しかし、そればかりをしていると、カラダはかえって硬くなってしまいます。

チューブやゴムをイメージしてみましょう!

毎日伸ばし続けるとそのうち劣化して切れてしまいますね。

そこまでならなくても、筋肉も同じで毎日伸ばし続けると弱くなってしまいます。

カラダの歪みを改善していくストレッチとは『自己整体』でもあります。

スポーツ的なストレッチとは違うものです。

固まってしまった筋肉をほぐし、歪みのある関節周りの筋肉をうごかすことで

歪みのない正しい位置の状態に、徐々に戻ってもらうのです。

カラダの使い方の間違いの連続で、カラダが歪んでしまったので

それを『元に戻していく』のです。

そして、歪みを正した後は正しい動きを習得していくのです。

歪みを正していくストレッチのコツは!

ある程度気持ちの良いところまで伸ばして、息を吐きながら揺さぶるのです。

息を止めると筋肉は固まりますので、一度息を吸って、吐きながら揺さぶりましょう。

でも、頑張って沢山息を吸うことはいりません。

息は、少し吸って吐きながら、気持ちよく揺さぶるのです。

筋肉はたくさんの情報を溜めています。

緊張した時、肩を上げて手を握り締め、筋肉に力をいれていますね。

緊張した状態が続くと筋肉はその姿勢=ホームを記憶します。

ストレッチをして揺さぶり解れると、カラダの緊張と共に心の緊張もほぐれます。

カラダも心もほぐれて、温かくなって、心もカラダも穏やかになります。

リラックスして気持ちよくストレッチしましょう♪

氣がつけば健康 振り返れば幸せ。

 

 

春の身体

2022/02/20

春はじめ

季節が巡るように、カラダも季節が巡っています。

冬至のカラダ、立春のカラダ、春分のカラダ、梅雨のカラダ、夏至のカラダ、秋分のカラダ、誕生日のカラダ・・・

カラダは常に変動し、変化しています。

春は、これまで優勢だった冬の「陰の氣」を抑えて、春「陽の氣」が凛と立ちあがります。

2月4日の立春を境に、どんどんと氣が張り出して膨張して膨らんでいきます。

それまでカラダの内側を巡っていた「陽の氣」が体表へと移動して、体表の巡りが活発になります。

この氣の変動に伴って、骨格、肩甲骨、骨盤が広がってカラダがリセットモードに入っていきます。

カラダは、冬の緊張モードから、春のリラックスモードへとチェンジしていきます。

緊張していたカラダと心が緩んで、「ほんわか」「ゆったり」感が感じられてきますね♪

そして、春には春にふさわしい体操があります。

一年の中で最も骨盤の動きが活発になる季節です。

骨盤がダイナミックに動くのに影響されて、生殖器の働きも高まります。

そのため、生理トラブルや更年期障害などの婦人科系疾患を、一番改善することが出来ます。

春は「木の芽」どきといわれていて、身体の不調が表面化する季節。

春は骨盤が開いて、細胞が緩んで膨張していきます。

だから冬の間にため込んでいた老廃物(邪氣)の発生が活発になるのです。

代表的なのは、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状です。

そのような症状は、カラダが必死で浄化調整しているためにおこります。

くしゃみをして肩甲骨を動かし、背中に溜まった邪気を動かし、

鼻水を出して大腸の邪気、目を充血させて胃の邪気をそれぞれ発散していきます。

うっとおしい症状も、実はカラダを整えて健康を回復するためのクレンジングなのです。

お医者さんや薬に頼らず、体操で自分で自分のカラダを変えていきましょう!

春は体質改善に最も適した季節です!(^^)!

氣がつけば健康 振り返れば幸せ。

~~~~~~~~

編集後記

家の屋根のペンキを塗り替えました。

屋根は、人間でいえば、脳ですね♪

てんっぺんがきれいになって

なんだか、すべてリフレッシュした感じです。

窓も綺麗にふき取り、新しい一年のスターを切りました。

 

薬と健康食品の違い

2022/02/15

薬と健康食品

 

マスコミの洗脳かどうか分かりませんが、健康食品を薬と同じように考えている人が多い。

 

薬は、体調不良などを治すために使うもの・健康食品は、体調不良にならないために使うものです。

 

薬は、どこか体調不良でどうしようもない時、薬が好きではない人も治療として使います。

 

病院に行くほどでもない軽く慢性的な症状は、健康食品で治そうと思っている人がいます。

 

これも、治すということでは考え方は薬と一緒。

 

例えば、高血圧や血栓など、血液血管系統に問題がある人が、治療に薬が必要かもしれません。

 

高血圧や血栓など、そのような状態になった人は、『原因に問題あり』です。

 

多くの原因は食べ物です。

 

人のカラダは食べたものでできていますので、食べるものに問題がないか?

 

米やパン、野菜、魚、肉、調味料、加工食品。

 

これら食べるものが、遺伝子組換えや、農薬、成長促進剤のエサで育った魚や家畜、添加物など。

 

このようなものを毎日摂り続けていれば、血液が汚れるのは当然ではないでしょうか?

 

血液が汚れるためにおこる血液血管系統の病氣になっても不思議ではないと思います。

 

汚れた結果病氣になったら、これを治すのは薬ですが、血液血管系統が汚れないように食材を正しく選択し、それでも足りないものを補うのが健康食品です。

 

健康食品は、あくまでも食事の補助として摂るものです。

 

自然におこる寿命や年齢は止めることが出来ません。

 

今の便利と思われる世の中だからこそ発生するトレスや便利な食べ物の中では、どうしても補助的な食品が必要な時代になってしまったといえるのではないでしょうか?

 

体調不良が発生したときに選択するのは、薬か?健康食品か?よく、よ~く考えてください。

 

テレビなどの『~にいい健康食品』という、いかにも効果がありそうな宣伝に惑わされず、自分にとって何が原因で、何が必要で、どうすればいいのかを考えるべきだと思います。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

 

骨盤は動く

2022/02/06

骨盤2

 

 

ナチュラルストレッチでは、骨盤は動くものとして考えています。

しかし、不思議なことに一般の整形外科では「動かない、不動関節」として考えられています。

実際に骨盤は、開いたり閉じたりと明らかに動きます。

呼吸をするたびでも動いています。

それに、やる気満々でテンションが上がっている時には骨盤は締まっている。

やる気がなくて休んでいる時には、骨盤は開いて緩んでいます(@_@)

女性は生理中や妊娠中、やたらに眠かったりぼーっとしたりしますが、これは骨盤が開いて緩んでいるからです。

そして、骨盤の開閉にはリズムがあるのです。

まず一日の中で骨盤は、朝は「閉じる傾向」夜は「開く傾向」になります。

午前中の骨盤はよく締まっています。

だから、この時間は集中力や判断力、運動の能力が最も発揮しやすいのです。

顔も午前中がシャープですよね!(^^)!

午後から夜にかけて、骨盤は徐々に緩んでいきます。

夜の10時ぐらいから睡眠中の骨盤は、最大限に緩みます。

この時間帯には、脳や筋肉、内臓の緊張も緩んで解放され、日中のアンバランスが修正されていきます。

良い骨盤とは、朝は活発にエネルギーを出し活動モードになり、夜はエネルギーをチャージし                   休息モードになる「弾力に富んだ骨盤」です。

私たちが意識しようとしまいと、骨盤はこのような自然なリズムに沿って動くことで、私達のカラダを調整してくれています。

さらに骨盤は、1か月の間・春・夏・秋・冬の季節でも動きが違うようにできています。

カラダってすごいですね♪

氣がつけば健康 振り返れば幸せ。

~~~~~~~~~~

編集後記

立春を迎え、新しい一年が始まりました。

新しい一年が始まり、私は、久しぶりに(*_*;  肉体改造をしようと思っています。

さてさて…また、筋肉痛と共に生きる日々が始まりそう!

どんな時でもカラダとの対話が大事になってきます。

ストレッチでも筋トレでも、美しいカラダ作りのためには

自分との対話が大事なんですね(*_*;

 

 

 

page top