ブログ | 腸内環境サプリメント「惚れ惚れウンコ」など健康補助や美白食品の通販とマクロビ、ストレッチスクールの八○屋


ブログ

本当の自力健康法

2020/08/07

お腹

『なぜ自力健康法が大事なのか?』の考え方を理解できる人はなかなかいないようです。

 

私共の商品『惚れ惚れウンコの素』の製造元にはよくいろんな相談をします。

 

『いくら自力健康法の説明をしても、私共の商品できちんと結果を出す体験をしても、世の人の99%は自力健康法を理解できない。』と言われました。

 

ということは、私は世の1%の人と商売していることになります。\(^o^)/

 

私は大変な商売をしていることに今更ながら氣が付きました。(笑)

 

大腸は大便を溜めておく場所ではありません。 大腸は人体最大の発酵工場なのです。

 

食べ物には3大栄養素と繊維質があります。

 

健康食品も栄養補給として摂るものが注目されますが、繊維質はあまり注目されないようです。

 

人間は、繊維質を分解する酵素を持っていませんので、食べた繊維質は胃や小腸を通過して大腸に到達します。

 

そして、大腸に到達した後は、大腸内に棲む腸内細菌が分泌する酵素によって分解されます。

 

核酸・酪酸・乳酸・酢酸・セロトニン・各種ホルモン・ビタミンB群など、重要な成分が産生されています。

 

乳酸菌も酪酸菌も、体の外から摂取するのではなく、すでに大腸の中にいるのです。

 

『腸に良い~菌を摂りましょう。』という宣伝がありますが、大腸では、体外の菌に関しては、拒否します。

 

腸に良い~菌が生きたまま大腸に到達しても、到達した後には、死滅して排泄されるのです。

 

大腸内に棲む乳酸菌や酪酸菌を増殖させるのは、繊維質であり、これが大腸が人体最大の発酵工場と言われる理由です。

 

【発酵】とは、善玉菌による分解活動の事です。 【腐敗】とは、悪玉菌による分解活動の事です。

 

日本の伝統食が良いというのは、栄養のない繊維質が豊富な低カロリー食であるという事です。

※腸内細菌は、繊維質を分解する事で増殖しています。

 

ただ単に、ウンコを出したいだけなら、他の商品で良いのです。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

 

頼るばかりの健康法はやめませんか?

2020/07/25

2013111009280000.jpg

私共で販売している『惚れ惚れウンコの素』は、世に出てから20年を越えました。

 

何年もご利用続けていただいている皆様、ありがとうございます。

 

きっと『惚れ惚れウンコの素』を飲む目的をご理解いただていると確信しております。

 

世間でよく宣伝している健康食品や薬とは飲む目的が違います。

 

薬はカラダの異常を治すために飲みますので、副作用は注意する必要があります。

 

健康食品は、食品ですので健康でいるために必要な食品です。

 

食品ですので普通の人が飲めば副作用はありません。

 

健康食品を利用するには、『ぶれない目的』を持つことです。

 

『惚れ惚れウンコの素』は名前の通り、毎日惚れ惚れとした排便を目的としたものですので、惚れ惚れとした毎日の排便となります。

 

そうではありますが、便秘や、下痢を治す目的で飲むのではありませんよ!

 

便秘を改善するのが目的ならば、便秘薬を飲めば安い価格でそれなりの効果が出るでしょう。

 

その代わり、薬の力で便秘が改善されても自分の力で排便された訳ではありません。

 

便秘薬を常用し続ければ、よけいに自力の排便作用が無くなっていきます。

 

最後には医者に肛門から便を取ってもらう摘便という治療が必要になってしまう人もいます。

 

下痢も癖になっている人はいつも止瀉薬を持ち歩かないと不安です。

 

何年か前の私がそうでした。

 

常に止瀉薬を身に着けて仕事に通っていました。

 

これも自力の惚れ惚れとした排便ができないと一生止瀉薬と縁が切れないでしょう。

 

風邪でもなんでも、病氣は自分で治すものであって薬が治すのではありません。

 

薬は症状を抑えたり、緩和するものです。

 

ですので、病氣にならないカラダにするための毎日の食事が大事になります。

 

今の食生活では摂れないものを補助的に摂り、自力で健康を維持するような健康食品であれば、本当の健康食品だと言えるでしょう。

 

自分の健康は自分で守る。

 

免疫力は自力でつける。

 

そんな目的で摂る健康食品が『薬やホニャララ』に頼り治してもらうのではなく、本当の健康食品だと思います。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

 

人間の食性

2020/06/19

歯形

私の前歯が取れました。

 

もう数十年前に前歯を治療し、上の前歯一本差し歯になりました。

 

今までも何回か抜けたことがありましたが、忙しくてなかなか歯医者に行けません。

 

その時はいつも瞬間接着剤(アロンアルフア)で張り付けていました。(>_<)

 

歯の不自由な老後になるのはいやなので、今回は徹底的に治療をしようと思いました。

 

普段は、食べ物がどの歯で噛んでいるのかなんて意識したことがない。

 

歯の治療中の今は、また前歯が抜けないように、噛む場所を奥歯に集中するようにしました。

 

野菜でも肉でもやわらかい物でも奥歯で食べようとすると、時間もかかるし、なんだか食べた気もしません。

 

ちょっと気を緩めると前歯を使ってしまい、食べ方によってはまた歯が取れてしまいます。

 

逆に、取れてしまったらもう何も心配がないので、噛む場所を気にしないでモリモリ食べます。

\(^o^)/

 

今は、どの食べ物が口の中でどの位置で噛まれるのか分かってきます。

 

ご飯は奥歯(臼歯)で噛みます。

 

肉は尖った歯(犬歯)で噛みます。

 

野菜は前歯(門歯)で噛みます。

 

それを何でもかんでも奥歯で噛もうとするとしんどいです。

 

人間の歯は、臼歯20本(62,5%)門歯8本(25%)犬歯

4本(12,5%)でできていますので、食性としては米を主食とした食性であることが分かります。

 

欧米人はパンかな?

 

食性の原理でいうと、肉などの動物性たんぱく質は少量でいいということになります。

 

腸内環境を良くするためにも動物性たんぱく質を少量にすれば、外から乳酸菌などのサプリメントはいらないでしょう。

 

肉食の動物は犬歯が発達しているし、草食の動物は門歯が発達しています。

 

健康に野菜が良いと言えば、ご飯のかわりに野菜ばかり食べる。

 

カラダにたんぱく質良いといえば、肉食中心になる。

 

世の流行りに乗せられないで、自然の摂理である人間の食性を習慣にした方が、健康維持になると思います。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

 

外から摂った善玉菌は腸内に定着しない

2020/05/08

うんこ君

前回、免疫力上げるのは腸内環境を良くすることを載せました。

 

今、コロナウイルスが猛威を振るっている中、免疫力にいいものを売ろうと多くの食品や医薬品などのメーカーは宣伝に意欲的です。

 

インターネットの情報欄を開くと、昨年11月20日放送のNHKの健康番組『ためしてガッテン』で、ヨーグルトについて、多くの人が誤って認識しているという見出しを見つけました。

 

これまでは、『ヨーグルトを食べることによって、その乳酸菌が腸内に留まり、腸内の善玉菌が増えた結果、腸内環境が良くなる。』という認識があったと思います。

 

しかし、NHKの健康番組『ためしてガッテン』は、外から摂ったヨーグルト(乳酸菌)は、いくら食べても腸内に留まることなく排出されてしまい、機能性は期待できないことが載っていました。

 

私達は、20年前から上記と同じような腸内環境の大事さと腸内のシステムについて、情報を流し続けてきました。

 

腸内には善玉菌と悪玉菌が住んでいて、現在の動物性タンパク質優先の豊かな食生活が続いた場合3:7の割合で悪玉菌が優勢の腸内環境になります。

 

その結果、便秘や下痢などの便通異常。

 

便通が普通にあると思われていても、悪臭便だったり、スッキリ感がなかったりします。

 

今の豊かな食生活で増え続けるガン患者の、ほぼ100%は悪臭便であり、腐敗臭であります。

 

そんな腸内環境では、腸が正常な活動ができず、前回説明しました免疫力を維持することもできません。

 

そこで、健康を考えた食品などのメーカーは、腸内環境を良くしようと、乳酸菌などの善玉菌を多く摂取しようと考えました。

 

先ほどの腸内環境の善玉菌3:悪玉菌7の割合ならば、両方で10です。

 

10が100%と考えて、そこにヨーグルト(乳酸菌などの善玉菌)などを摂っても、腸内細菌の割合が10(100%)以上はありませんので排出されてしまうのです。

 

大事なのは、腸内の善玉菌の数ではなく、割合なのです。

 

腸内の菌の割合を善玉菌7:悪玉菌3に逆転させるには、腸が好む食生活を続けることしかないのです。(自然の摂理で悪玉菌が0%になることはありません。)

 

つまり腸内の善玉菌が喜ぶエサを食生活に加える必要があるのです。

 

我々が扱っている『惚れ惚れウンコの素』という補助食品は、食事だけでは足りない善玉菌のエサを食事の補助として摂るのです。

 

あくまでも食事の一品ですので、食べたものが身になる自力の健康法です。

 

その補助食品は、名前が『惚れ惚れウンコの素』というので、イメージとして『私は便秘ではないから。』『私は軟便だから飲んですぐ出たら困る。』など、まるで下剤のように出すイメージを持つ人が多いようです。

 

便秘も下痢も便通異常です。

 

排便は出るだけより、出る内容が大事なのです。

 

排便は、太くて長い一本物が一気に出、悪臭がしない(臭くない)。

便器が汚れず尻をふいても紙に付かない。

 

そんな経験をしたことがありますか?

 

それが腸内が圧倒的に善玉菌優勢な排便の結果です。

 

毎日コツコツ善玉菌が好むエサを食べ続け、常に腸内環境を善玉菌優勢な状態に保つ。

 

そんな人の免疫力は相当なものになっていると思います。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

 

~~~~~~~~

☆健康情報提供のメルマガ
携帯でもPCでも登録は簡単!
メルマガ登録はHP画面トップから
ブログ:https://ameblo.jp/hachimaruya/

フェイスブック:https://www.facebook.com/808aoki

 

 

免疫力は自力で維持できる‼

2020/05/01

こんにゃく

 

健康食品の売り文句は、『ビタミン~が豊富。』『ミネラルが豊富。』『~成分が~の数十倍。』と、栄養をたくさん摂り、体調が悪い又は悪くなりそうな人へ有効だと宣伝します。

 

しかし、『こんにゃく』は、確かに栄養はほとんどありませんが、カラダにとっては必要な働きをします。

 

こんにゃくは消化しづらく、腸まで届いた時、グルコマンナンという食物繊維が有用な働きをします。

 

マンナンとは糖(単糖)が手をつないで鎖のように長くなった状態、多糖類のことです。

 

糖の単糖は、体内に吸収されやすいので、病氣などの患者に点滴として使われ、『即エネルギー』として元氣になります。

 

一方、単糖が鎖のようにどんどん繋がって長くなった長糖類は、体内には吸収しにくい。

 

それだけで見るとこんにゃくは、栄養はないは、吸収はしにくいはで、食べ物としては要らないもののように思われます。

 

それでも消化しにくいこんにゃくを食べたときは、腸はなんとか糖を吸収しようとして、長く繋がった糖を分解しようとするので、活発な腸の蠕動運動になります。

 

腸が活発な蠕動運動をすると、唾液や胃液のように腸粘液がたくさん分泌されます。

 

腸粘液には免疫物質や幸せホルモンといわれるセロトニンやドーパミン(脳より腸で造られる)などがあり、健康を維持する大事な役割があります。

 

例えば、免疫力でいえば、免疫力を増す健康食品を摂るより、自分の腸を毎日の食べ物によってあたりまえに活動してもらうことで、病氣に負けない免疫力が備わることになります。

 

キノコ類が、ガン治療に有効な免疫をうたい文句にしていますが、これもキノコ類の多糖類が腸に働きかけ、ガンに負けない免疫力をつける物とされています。

 

しかし、免疫力は常に必要で、常に保持していることが病氣にならない生き方であり、毎日の生活習慣であるといえます。

 

健康食品を含め、栄養が豊富なもの、消化にいいものをたくさん食べて栄養過多になり、生活習慣病になってしまったら、本末転倒です。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

 

~~~~~~~~

 

☆健康情報提供のメルマガ
携帯でもPCでも登録は簡単!
メルマガ登録はHP画面トップから
ブログ:https://ameblo.jp/hachimaruya/

フェイスブック:https://www.facebook.com/808aoki

 

自力の免疫力を維持するおすすめ商品

 

〇惚れ惚れウンコの素

便秘の人、下痢の人が飲む薬ではありません。

自力の健康を維持したい人が毎日の習慣に摂るものです。

1日300円の健康習慣は高いですか?安いですか?

40包入り 1日1包目安 12,960円

 

〇ビューティーヘルスエンザイム(酵素ジュース)

いろんな健康食品、サプリメントを摂るより胃腸を休ませることは大事です。

食事の回数を減らし、内臓を休ませ、酵素の補助でカラダに溜まった汚れを浄化します。

720ml 1日キャップ1~2杯 3~4倍に薄めて飲用 7,020円

 

〇レンコン粉

レンコンの繊維質が腸の働きを促進し免疫力を維持します。

完全無農薬栽培。

1.5g×7包 120CCののお湯に1包混ぜて飲用 310円

 

〇ルイボイスティ

多くの病氣の原因となる活性酸素の除去作用。

ノンカフェインなので、子供からお年寄りまでだれでも楽しめるお茶です。

農薬、肥料を一切使用しない自然の恵の中で育った自然派飲料です。

3,5g×30袋 1袋に対し1.8ℓのお湯で10分煮出す 2,160円

 

〇ベータグルカン顆粒

ガンなどに対する免疫治療として活躍した。

黒酵母培養。

120g 32,400円

〇マグネシウム棒

水に入れるだけで瞬時に400mvの水素水ができる。

半永久的に使用できる。

1本 3,300円

1 / 2012345...1020...最後 »
page top