ブログ | 腸内環境サプリメント「惚れ惚れウンコ」など健康補助や美白食品の通販とマクロビ、ストレッチスクールの八○屋


ブログ

医学の常識は変えられる

2022/09/17

大腸憩室

 

医学は、体調不良箇所の異常を見つけ、その個所を治療するという考えが当たり前だと誰もが思うでしょう。

 

その不調の個所を探し出すのは医者、その不調の治療に使うのは薬です。

 

その不調の程度が医者に診てもらうほどではないと、「健康食品」を使う人もいるかと思います。

「健康食品」は不調の程度で選ぶのではなく、毎日の食事で不足している何かを補うものです。

 

ところが今は不足どころか摂りすぎ状態だし、カラダにとって摂るべきではないもの(食品添加物など)を摂らざるをえない食生活だと思います。

 

摂るべきではないものを摂り続けた結果血液が汚れ、汚れがカラダに溜まり、そのような習慣の結果が生活習慣病となってしまっています。

 

カラダは摂るべきではないものを摂ったときに胃から吐き出し、それでも胃を通過したら大腸で下痢をおこし、すぐ出そうとします。

 

あたりまえのようですが、これが人間の自然治癒力です。

 

そのような反応が起こらなくても、摂るべきではないものが体内に入ってしまえば血液を汚します。

 

その結果、カラダのあらゆる機能が悪影響を受け、病氣となって現れます。(ガンもその一つ)

 

摂るべきでないものを摂り続けた食生活の結果、大腸に憩室ができることがあります。

 

そこに便が入り込むと、医学では取り出せず、便が詰まったままで生きていかねばならないと考えられていました。(憩室に溜まった便は古便)

 

しかし、腸内の善玉菌が喜ぶ善玉菌のエサを毎日与え続けた結果、憩室が消えるという現象が起こりました。

 

検診で、大腸内の内視鏡で医者が確認した結果、医者が『信じられない。』と言っていたそうです。

 

薬や健康食品で善玉菌を何億個摂ろうが、薬の効果のように憩室が無くなることはないでしょう。

 

内視鏡でも確認した憩室が消えたのは、大腸が喜ぶ善玉菌のエサを毎日コツコツ与えた続けた結果です。

 

憩室の内容だけではなく、免疫機能も精神機能も腸内は重要な役割を果たしております。

 

食事は毎日のもので、今まで自分が食べてきたもので現在のカラダはできています。

 

食生活を安易なものとせず、摂るより出すことを大事に考えた食生活にしたいものだと思います。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

 

 

食原病

2022/08/26

洋朝食 和朝食

情報が簡単に手に入る今の時代、マスコミやテレビや新聞、それ以外にもPCやスマホで簡単に即座に知ることができます。

 

世の人々が正しいと思っている情報があれば、それとはまったく逆の情報もあります。

 

政治でも経済でも現状の情報があれば、いつでも「その裏には~」という情報が出てきます。

 

例えば、コロナのワクチンは当たり前のように『接種しましょう。』という情報があれば、接種の弊害について『接種は危険。』と熱弁している情報もあります。

 

どちらが正しいかは、「みんながやってる。」ではなく自分で確かめるしかないようです。

 

しかし、健康管理については食事が大事だということは誰でも否定できないのではと思います。

 

なぜなら、生きている今の自分のカラダを作っているのは食事と心しかないからです。

 

2020年の日本人の死亡原因の70~80%は血液血管系統の病氣です。(特にガン)

 

ガンも血液血管系統の汚れからくる病氣なのでこれに含まれます。

 

これがまさしく、毎日食べている食事が原因であることは多くの人たちは知っていると思います。(心の問題は、また後日。)

 

特に食品添加物には要注意です。

 

以前『食品の裏側』阿部司著 東洋経済新報社出版の本をご紹介しました。

 

食品添加物だらけで作られた食べ物は、とても美味しく、とても安く、とても手軽に食べられます。

 

しかし、その材料はどのようなものかを知ったら、とても食べる氣はしないだろうし、カラダに悪いと納得できると思います。

 

例を挙げればきりがありませんので材料名は省略します。

 

何が良いか悪いかの情報がわからない人は、自分のカラダの浄化作用を信じて、食べたものの悪いものを体内に入れる前に、ウンコとして出してしまうことと(口から肛門までは体外です)自分の感覚を研ぎ澄ませるために、毎日の16時間断食をお勧めします。

 

嗅覚や味覚が研ぎ澄まされれば、カラダに良くない食べ物は周りの人がどんなに美味しいと言っても、だんだんと食べたくなくなります。

 

どんなに美味しそうな食べ物でも必要以上の量を欲しくなくなります。

 

それでもダイエットしなくてはならない人は、正しい食事をしていないということがカラダに証明されています。

 

人間の美味しいものを食べたいという欲求はいいのですが、負に向かえば負の健康状態にスパイラルし、正に向かえば正の健康状態のスパイラルに向かうということは事実です。

 

あえて厳しく言えば、病氣になったのは誰のせいでもなく、自分のせいなのです。

 

死ぬまで健康でいたいと思うのなら、周りはどうでもいいですので、自分だけでも負のスパイラルから抜け出す行動をしたいと思います。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

 

夏バテ解消ストレッチ

2022/08/17

太もも伸ばし

夏バテの原因の一つに、エアコンの冷房の冷えで肋骨や胸の周りがかたくなっている人がいます。

肋骨の弾力性がなくなると、呼吸が浅くなってスタミナが落ちてきます。

今日はそのようなカラダをシャキッと元氣にする!

胸郭を引き上げて肋骨を開放する体操をご紹介します♪

まず最初に、正座をして、その状態から仰向けに寝ます。

身体がかたい人は後ろに両肘をついて、太ももの前側が伸びるようにするか、座布団を何枚か腰の下に敷きます。

両膝はなるべく閉じておきます。

次に両手で万歳をして、1分から3分ほどキープして深呼吸します。

次は、背中で握手する体操です。

正座、あぐらで座ります。

背中で握手するように手を組みます。

握手が難しい人はタオルを使ってみましょう!

握手をしたまま上体を左右に3回ずつ大きく回転させます。

くれぐれも無理をしないようにしてくださいね♪

この体操で呼吸も深くなりますし、肩こりに悩む人にもおすすめの体操です。

氣がつけば健康 振り返れば幸せ

~~~~~~~~~~~~~

編集後記

昨日、庭の草刈りをしました。

ケガをしていたので3か月ぶりの草刈りでした。

ジャングルのようにうっそうとした裏庭。

もー--!大変でした。

蚊がいっぱい、ナメクジ・・・たくさんの虫がいました(>_<)

しかし、頑張りましたよ。

終わった後は水をたくさん飲んで、昼寝しちゃいました(@_@)

走るよりくたびれた・・・・・

 

夏バテ解消1

2022/08/10

1706K_natubate_FIX

夏まっさかりの8月は、冷房なしでは眠れないという人も多いでしょう。

かといって、冷房をつけっぱなしで寝れば、朝起きた時にカラダがぐったり。

どちらにしても眠りづらく、疲れやすい時季です。

夏のカラダは本来は胸が柔らかくなり、熱を発散しやすい状態になるはずです。

しかし、多くの人は冷房で冷えてしまって、上手く適応できない場合が多いですね。

冷房は、とくに胸に緊張が集中し、胸の中心部がかたくなりがちです。

(背中側ですと胸椎5番、胸側ですとツボでいう壇中を中心に)熱がこもった状態です。

本来、眠っている間は胸にこもっている熱を発散し、胸の中心部の体温を下げようとする働きが高まります。

胸に弾力があれば、熱を発散してカラダは柔らかくなります。

胸に弾力がないと、熱がカラダの表面近くに停滞し、暑苦しいという状態になってしまいます。

ひどくなると、呼吸も浅くなります。

呼吸が浅くなると、肉体の疲労と共に、精神的な疲労も重なってきます。

冷房の影響は、下半身では腰椎の5番の動きが悪くなってきます。

腰椎の5番は特に呼吸の深さに関係していて、その下にある仙骨の周りの筋肉も固くなり、動きが固まってしまいます。

夏バテ解消には、胸椎の5番と腰椎の5番の動きがポイントですね!

この胸の中心にあたる胸椎5番は、様々な情報・刺激・人間関係のストレスに敏感に反応します。

人間関係のストレスに敏感に反応することで、かたくなる場所でもあります。

かたくなると、「なんとなく不安」といった氣持になります。

カラダ自体が涼しくなろとして、胸を緩めたがっているこの時季。

冷房でカラダを冷やしすぎず、自然の流れに乗って上手く胸を緩め、夏を乗り切りましょう。

その上で、こうした不安症状やストレスを安心感に変えることもできます。

さらに、免疫系の働きを向上・安定させることもできますよ!(^^)!

次回はこの改善方法についてお伝えします。

氣がつけば健康 振り返れば幸せ

~~~~~~~~~~~~

編集後記

今日は小坪飯島プールに行きます。

ここは逗子マリーナのすぐ横です。

市営のプールですので、市民はとても安い金額で利用できます!(^^)!

子供も大人ものんびり・・・

やはり夏は海&プール!

日焼けもしちゃいますが・・・そこは許してもらって。

青い空と海が近いプールは夏のオアシスです。

 

お肌のお手入れは腸内環境から

2022/07/17

E382B8E383A3E383B3E382AFE38395E383BCE38389-E382B3E383ACE382AFE382B7E383A7E383B3-E382B9E38388E38383E382AFE382A4E383A1E383BCE382B8__k4550693

 

腸内環境が良いとキレイな血液をつくってくれます。

 

そして、そのキレイな血液はたくさんの栄養分をカラダ中に運び、毛細血管まで行きわたり、栄養分を皮膚に送り出してくれます。

 

逆に、ふだんの食生活の乱れやストレスなどで腸内が悪玉菌で占められるようになると、汚い血液がつくりだされ、それがカラダ中をめぐって皮膚がくすんだり、吹き出物が出てきたりきめが粗くなったりします。

 

最近、アトピー性皮膚炎の人が非常に増えています。

 

皮膚の症状であるアトピーにも腸が大きな影響を与えています。

 

重症の成人型アトピー性皮膚炎の患者には、便秘、下痢などを繰り返す人が患者の6割を占めているといわれます。

 

その人たちの大腸を内視鏡で見ると、大腸炎と診断できる人がほとんどだそうです。

 

ひどいアトピー性皮膚炎の人ほど、腸炎もひどいという結果も出ており、皮膚炎と腸炎は密接に関連しているようです。

 

腸管の炎症はなぜ起きるのでしょうか?

 

腸に棲む善玉菌は腸内での悪玉菌による異常発酵や腐敗を防ぐはたらきをしています。

 

しかし、ジャンクフード(要注意調味料)ばかり食べていたり、心理的なストレスが続いたりすると、腸内の悪玉菌が増えすぎてしまいます。

 

すると、腸内では有毒物質が発生し、これが腸粘膜を刺激して炎症を起こすのです。

 

特に、動物性たんぱく質によって腐敗が起きやすくなり、それが炎症を促し、そこからアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)として血液中に侵入していくのです。

 

このように、腸内環境の悪化がアトピーの一因になるのです。

 

いくら高級な化粧品を使っても、腸内環境を整えなくては成果が出ないのでは・・・

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

 

 

 

 

 

 

1 / 3612345...102030...最後 »
page top