ブログ | 腸内環境サプリメント「惚れ惚れウンコ」など健康補助や美白食品の通販とマクロビ、ストレッチスクールの八○屋


ブログ

人間も自然の一部

2019/11/17

DSC_0002

第627号2019年11月17日【人間も自然の一部】
こんにちは♪ 八〇屋の青木勝美です。

いつもご愛読いただきありがとうございます。
<m(__)m>

 

世界の動物たちは、生きる場所によって生きるための環境が違います。

 

赤道直下の暑い環境で暮らす生き物と北極の寒い環境で暮らす生き物は、生活習慣も違います。

 

それは、人間も同じです。

 

日本は四季がありますので、一年間四季に合わせた生き方が大事になります。

 

人間も自然の生き物の一つであり、地球を含めた宇宙の一員であることを忘れてはいけません。

 

人間は、便利なものを創り出す知恵があります。

 

寒ければ暖房、暑ければ冷房。

 

日本の今は、一年中快適な暮らしができるようになりました。

 

しかし、日本人の四季に対応するDNAは簡単には変わりません。

 

北極の白熊に、暖房の部屋で一年中暮らせと言っても耐えられないと思います。

 

冷暖房が完備されてなかった昔では、自然の四季に合わせた賢い生活の教えがありました。

 

中国で生まれた東洋医学で言われる陰陽五行論は、日本人にとっても当てはまる教えです。

 

秋分の日・春分の日・夏至・冬至・満月・新月・滿汐・引潮などに合わせた行事。

 

行事は、風習だけで行うだけではなく、自然の環境に合わせた生き方を教えてくれています。

 

便利になった生活はいいのですが、四季に合わせた生活習慣がどんなものかを知り、実践することは大事だと思います。

 

けっして昔のような不自由な暮らしを求めるのではありません。

 

便利な世の中でも死ぬまで健康で生きていきたいのなら、体調不良になる前に、四季に合わせた生活習慣を実践していくことをお勧めします。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

 

人生色々

2019/11/03

古民家

私の知人が、神奈川県北足柄に行ってきた話を聞きました。

 

その知人は建築関係の仕事をしています。

 

北足柄に築50年くらいの家があり、その家がまだ住めるかどうか相談を受けたそうです。

 

相談してきたのは仕事を引退した夫婦で、都会を離れてのんびり暮らそうかと考えているそうです。

 

その家は今の造りとは違って、造り直すために壊そうとしても、そう簡単に壊せるような造りではないそうです。

 

大黒柱が2本あって頑丈そうな家だったようです。

 

名前は知りませんが、フォークリフトのようなブルトーザーのような重機で、最近造られた家は簡単に壊せてしまいます。

 

昔の家って、頑丈だったんですね。

 

そばには川が流れ、水は水道料金を払わずに飲むことができます。

 

いい自然環境ですね。

 

いろいろ家の中を調べていくと、今では珍しい農機具など、いろんなものが出てきたそうです。

 

そのうち、とても大きなピザが何枚も焼けそうなカマドを見つけたそうです。

 

私の知人曰く、『このカマドがあれば、味噌・醬油が作れるし、外の川で水もタダで飲める。

 

川の流れを利用して電気をおこすこともできそうだ。

 

へたすりゃ密造の酒までできる。(冗談ですよ)(^^♪』

 

私の知人は鹿児島の田舎で育ちました。

 

田舎で育ったのだから自然環境を利用した生活には慣れているのでしょう。

 

東京の都会に育った私は、水は水道から飲むものだし、味噌・醬油は、誰かが作ったものをスーパーかどこかで買うものだという認識しかありませんでした。

 

ましてや、近くの川を利用して電気を起こすなどは想像もできません。

 

人生とは、生まれながらの環境しだいで、生き方や考え方がまったく違った価値観が形成されるんだなぁと思いました。

 

自分が生きてきた環境で自分の価値観を人に伝えようとしても、理解できない人と、理解できる人と、理解しようとする人と、理解したくない人と、人生色々です。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

 

~~~~~~~~

 

☆健康で幸せになる心とカラダの鈴木保江のホームページ
硬いカラダ、緩みすぎたカラダでは運がつかめません。

運をつかむカラダつくりをお試しください。

出張パーソナルトレーニング実施中!
ホームページ: http://www.shizenhi.com

免疫

2019/10/19

 

関所

生きていくには食べることが必要です。

 

最低限の栄養があれば生きていけるのですが、どうせ食事をするなら美味しい方がいいと思います。

 

が。

 

美味しさを追求するあまり、カラダにはあまり良いものではない方が人気があるようです。

 

人気がある食材は、価格が安いものも人気の理由でもありそうです。

 

体内に栄養として行き渡る前に、カラダは関所を設けて体内に悪い要素が行き渡らないようにチェックします。

 

初めの関所は五感です。

 

飲食物の匂いは不快ではないか?見た目は変ではないだろうか?味はおかしくないか?

 

次の関所は胃です。

間違って飲食物を飲み込んでカラダが拒否したら吐き出します。

 

次の関所は腸です。

胃の関所を通過しても、やはり体内に摂り入れてはいけないと腸が判断したならば、いち早く下痢として外に出そうとします。

 

このように人間のカラダは自然から授かった自力の免疫力があります。

 

しかし、少量の化学物質はその関所を免れ体内へと摂り入れられ、栄養として摂り入れられないものは、消化されずに体内に留まることがあるようです。

 

そのようなものは時間(年月)が経って蓄積されれば、カラダの機能が正常に働く妨げになるようです。

 

体内の免疫力もある程度は頑張ってくれるのですが、免疫にも限界があります。

 

人間の価値観は人によって違いますしカラダに良くないと分かっていても止められないという弱さもありますが、健康な生き方を求めるのであれば、自分自身をいたわるという賢さも必要だと思います。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

それぞれの意識

2019/10/12

ゴール

運動でもカラダに良い食事方法でも、それを行う意識が大事です。

 

意志はあるのですが、意識が続かないと当然結果が出ない。

 

どんな健康法も意識を持って続けることで氣付きが出てきます。

 

ほんとうの体操教室は、カラダのどこがどうなるかの目的があって教えているはずです。

 

受講生各人体型が違うはずですので、自分の場合はどこがどうなっているかを自問自答(内観)

しながら、体操前と体操後の変化を感じることがだいじです。

 

体操教室などで、みんなと同じ動きをやっても動きだけ先生の真似をしているのと、自分を

内観しながら自分のカラダの変化に氣づくのとでは結果が大きく違ってきます。

 

体操の動きだけを覚えた受講生は、覚えただけで満足する傾向があります。

 

満足したのですから、ほんとうの目的まで覚えきる前にそこでやめてしまう人が多い。

 

意識を持ち続けていると知識も増えてきます。

 

健康食品でも、もっともな宣伝を鵜呑みにして摂り入れるよりも、自分の意識がそこにあるかないかで、自分に必要なものを摂りいれているか、いらないものまで摂り入れているかが分かってきます。

 

どんなに偉い先生の言葉だろうが、どんなにまことしやかな理論理屈だろうが、どんな有名な人の勧めだろうが、自分の内観の答えにはかないません。

 

健康オタクや健康マニヤではなく、自分で経験体験した中で、内観で得た結果を将来の健康法として身に着けてこそ、病氣にならないカラダ作りだと思います。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

 

~~~~~~~~

 

☆健康で幸せになる心とカラダの鈴木保江のホームページ
硬いカラダ、緩みすぎたカラダでは運がつかめません。

運をつかむカラダつくりをお試しください。

出張パーソナルトレーニング実施中!
ホームページ: http://www.shizenhi.com

☆健康情報提供のメルマガ
携帯でもPCでも登録は簡単!
メルマガ登録はHP画面トップから

フェイスブック:https://www.facebook.com/808aoki

URL:https://www.hachimaruya.com/

惚れ惚れウンコの素の定義

2019/10/06

定義

腸の健康維持である健康補助食品は、『惚れ惚れウンコの素』と言います。

 

文字通り“惚れ惚れとするようなウンコ”が出るようになりますので、そのような名前で呼んでいるのですが、“惚れ惚れ”とはどんな便の事を言うのか?

 

具体的には

①太くて長~い黄金色をした排便。

②一気に排泄されて残便感が少ない。

③甘酸っぱい感じの匂いあれども、クサイ悪臭がない。

④程よい硬さがあって、便器は汚れず、紙も汚れない。紙の使用量が少ない。

⑤快感を覚えるような、気持ちの良いスムーズな排便感があります。

 

幼児が排泄する健康な排便は、バナナ状ではなく、ナギ刀のような長い1本物が一気に排泄されます。

 

上行・横行・下行結腸・直腸に溜まっていた便が途切れず一気に排泄されます。

 

こんな気持ちの良い排便を体験した時には、思わずトイレの中で笑ってしまい、トイレタイムも楽しくなってきます。

 

惚れ惚れとした排便は、腸内環境がビフィズス菌優勢となっている証拠ですので、ビフィズス菌が優勢になったならば誰にでも体験できるようになります。

 

長年、便秘などのために腸が変形している人の場合、腸が正常な状態に戻るまではナギ刀1本になりませんが、ビフィズス菌が優勢な腸内環境を保ち続けるならば“惚れ惚れ”排便の可能性は十分あります。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

 

~~~~~~~~

 

☆健康で幸せになる心とカラダの鈴木保江のホームページ
硬いカラダ、緩みすぎたカラダでは運がつかめません。

運をつかむカラダつくりをお試しください。

出張パーソナルトレーニング実施中!
ホームページ: http://www.shizenhi.com

☆健康情報提供のメルマガ
携帯でもPCでも登録は簡単!
メルマガ登録はHP画面トップから

フェイスブック:https://www.facebook.com/808aoki

 

1 / 1812345...10...最後 »
page top