ブログ | 腸内環境サプリメント「惚れ惚れウンコ」など健康補助や美白食品の通販とマクロビ、ストレッチスクールの八○屋


ブログ

食べる内容が食べた者を作る

2020/01/18

放牧牛

あるテレビの番組で二つの牛肉を並べたところ、どちらが美味しいでしょうというクイズがありました。

 

見た目は同じような霜降りの美味しそうな肉です。

 

テレビに出演しているゲスト全員は、見た目は同じようでも食べてみると明らかに違いが分かったようです。

 

美味しさが劣る方は、人工の餌で育てた牛です。

 

美味しいとゲストが選んだ方は、自然に生えた草を食べた牛です。

 

何が言いたいか、もうお分かりだと思います。

 

人間を含め自然の中で生きている動物は、自分も自然の一部であるのだから、自然のサイクルの中にある栄養を摂って生きていくことが『生きる・生かされる』ということだと思います。

 

食べ物の何が生きるために必要かを分析し、ビタミン・ミネラル・カロリー・見た目の形・味を含む食感などを計算し、手間や時間やコストをかけないでできるものが研究されています。

 

その結果、自然の草を食べた牛を育てるより、人工の餌の方が、早く、大量に、安く、牛が育つようです。

 

それは牛に限ったことではなく、鳥や魚もそのように研究されています。

 

私たち人間も、人工の餌で育った動物を食べて育っているのでしょうか?

 

人間が食べるのは、動物だけではなく、人工で育った野菜や人工の調味料などもあります。

 

人間は、飼われて餌を与えられているのではなく、自分で健康に生きるための食べ物の選択ができるのです。

 

もし、人間を食べる『誰か』がいたとすれば、美味しい人間を食べたがると思います。

 

美味しい人間と、そうでない人間。

 

美味しい人間を食べられる『誰か』は、どんなタイプの、どんな考え方の、どんなレベルの『誰か』なのでしょうね?

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

 

~~~~~~~~

 

☆健康情報提供のメルマガ
携帯でもPCでも登録は簡単!
メルマガ登録はHP画面トップから

 

 

ファスティングのすすめ

2019/12/31

ボクシング

 

私は毎月一回の断食を続けています。

 

断食といっても昼と夜は果物と酵素ジュースと味噌汁(具はなし)だけは摂りますので、空腹に耐えるという我慢はいりません。

 

私が断食を行う目的は、修行ではありません。

 

毎日働きづめの内臓を休ませ、汚れた体内をキレイにするためです。

 

断食をしているのに大便は出てきます。

 

食事をしなくても大便が出るということは、いかにカラダの中は汚れが溜まっているかが分かります。

 

カラダのいらないカスが腸内に残っている時間が長ければ長いほど、大便が腐敗状態になります。

 

腐敗した大便が血液を汚す物質を出し、汚れた血液から体調は悪くなっていきます。

 

なので、便秘は不健康そのものです。

 

断食なのに何故果物は食べていいか?

 

断食の目的は先に述べた通りです。

 

人間のカラダは、食べたものが消化され酵素となってカラダに働きかけます。

 

酵素は主に二つの役割があります。

 

一つはカラダを作る目的。

 

ケガをしたとき治す役割をしたり、体調を整えたりします。

 

もう一つは、食べたものを消化するために使います。

 

食べ物の内容によっては、この消化に使われる酵素が結構使われるので、カラダの修復に使われる酵素が間に合わないことが多く、体調不良になっても治りにくい場合が多いようです。

 

あるボクシングの選手は、試合の後は断食をします。

 

ボクシングの試合をテレビで見た人はわかると思いますが、相手に打たれた後の顔はボコボコです。

 

そのダメージを治すために断食をして、消化に酵素を使わないでカラダを治す方に使います。

 

では、なぜ果物は食べていいかというと、果物は消化のため人間の酵素を必要としないためです。

 

果物の水分は良質の水分としてカラダを浄化してくれます。

 

年末年始にかけて、仕事がお休みでのんびりする人が多いと思います。

 

正月は朝から酒を飲んでごちそうを食べて内臓を働かせ続けるのではないでしょうか?

 

のんびりするときはいいのですが、のんびりが落ち着いたら、一日だけでいいですので、断食を試してみてはいかがでしょうか?

 

詳しいやり方が分からない人はお教えしますよ。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

 

~~~~~~~~

 

☆健康で幸せになる心とカラダの鈴木保江のホームページ
硬いカラダ、緩みすぎたカラダでは運がつかめません。

運をつかむカラダつくりをお試しください。

出張パーソナルトレーニング実施中!
ホームページ: http://www.shizenhi.com

大腸は発酵工場にしましょう

2019/12/06

工場

『腸内環境を良くするために、乳酸菌やビフィズス菌を摂りましょう。』

という宣伝が増えてきました。

 

そして、腸のために発酵食品がいいという情報も増えてきているようです。

 

では、腸の働きは何でしょうか?

 

我々の大腸は大便を作るのですが、大便は大腸が働いた結果です。

 

大腸が発酵工場として働いた結果、惚れ惚れとした大便となります。

 

惚れ惚れとした大便とは、トイレが汚れない、紙につかない・悪臭がしない・スルッと一気に出て短いトイレタイムです。

 

栄養にならないと言われる繊維質が発酵工場を稼働させ、約100兆個の腸内細菌が増殖され、それぞれ分泌する酵素によって腸内発酵し、核酸・酪酸・乳酸・酢酸・セロトニンなどのホルモン・ビタミンB群などが生産されます。

 

つまり、発酵していない食べものを食べるからこそ、自分の大腸の中の発酵工場が惚れ惚れとした大便を作るのです。(発酵とは、善玉菌による分解活動のこと)

 

発酵していない食べ物を食べるから、大腸内に棲む微生物の分解活動がおこることが正常で、すでに分解された発酵食品しか食べなかったら腸内細菌は不要となってしまいます。

 

カラダに良い食生活の場合は、大腸が発酵工場となり、先ほどの惚れ惚れとした大便となりますが、

カラダに良くないインスタント食品やお菓子、過度の動物性たんぱく質ばかりの食生活を続けていると、発酵工場であるはずの大腸は腐敗工場となり、腐った悪臭便やオナラを作ってしまいます。(腐敗とは悪玉菌による分解活動のこと)

 

腐った大便から生産される有害物質が、大腸から血液に吸収されて血液が汚れ、癌細胞がつくられるなどの多くの病氣の原因になります。

 

大腸という工場は、工場主の自分が、毎日の食生活を中心とした生活習慣をしかり管理しないと、発酵工場にも、腐敗工場にもなります。

 

長寿ではあるけれど、病みながら残りの人生を生きていかなければならないなんてことにならないようにしたいと思います。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

 

~~~~~~~~

 

☆健康で幸せになる心とカラダの鈴木保江のホームページ
硬いカラダ、緩みすぎたカラダでは運がつかめません。

運をつかむカラダつくりをお試しください。

出張パーソナルトレーニング実施中!
ホームページ: http://www.shizenhi.com

調味料こそサプリメント

2019/11/22

しょうゆ

今のカラダを作っているのは今以前の生活習慣の結果です。

 

現在体調不良である人は、以前から体調不良になるような生活習慣を現在まで続けてきた結果です。(^-^;

 

体調不良になる原因が、分かっちゃいるけど止められない人は、まだ自覚があるので後悔することができますが、何だか分からないうちに不調になっていく人は、原因が分からないので困ってしまいます。

 

それはそれとして、体調不良になるのは確実に生活習慣に原因があるはずです。

 

世の中あたり前と思っている食事内容や食品の価格面を含め、もう一度考え直すことは難しいでしょうか?

 

何がカラダにいけない、何がカラダにいいと食材を選ぶのは必要だと思いますが、食べ物の味付けである調味料を軽んじないことはもっと重要だと思います。

 

家庭でも外食でも料理では調味料は毎回使われると思います。

 

本来調味料は発酵させて造るものが多く、腸内環境には良いものです。

 

発酵段階を省略して味を調整して造ったものは、カラダに良い影響は期待できず、ブドウ糖や、化学調味料など、カラダに負担がかかるものが含まれていることがあります。

 

例えば、家庭料理の調味料が『しょうゆ』ではなく『しょうゆ風』を使っているとしたら、味はしょうゆですが、中身は・・・。

 

しょうゆは、大豆・小麦・塩・を発酵させて造られるものです。

 

しょうゆの原料欄にカラメル色素・脱脂加工大豆・アミノ酸・甘味料などが記載されていない『しょうゆ』を選ぶことをお勧めします。

 

自分の意識を変えて、毎日の調味料を意識して選ぶだけでも、カラダにいい毎日のサプリメントだと思います。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

 

~~~~~~~~

 

☆健康で幸せになる心とカラダの鈴木保江のホームページ
硬いカラダ、緩みすぎたカラダでは運がつかめません。

運をつかむカラダつくりをお試しください。

出張パーソナルトレーニング実施中!
ホームページ: http://www.shizenhi.com

☆健康情報提供のメルマガ
携帯でもPCでも登録は簡単!
メルマガ登録はHP画面トップから
ブログ:https://ameblo.jp/hachimaruya/

フェイスブック:https://www.facebook.com/808aoki

 

人間も自然の一部

2019/11/17

DSC_0002

第627号2019年11月17日【人間も自然の一部】
こんにちは♪ 八〇屋の青木勝美です。

いつもご愛読いただきありがとうございます。
<m(__)m>

 

世界の動物たちは、生きる場所によって生きるための環境が違います。

 

赤道直下の暑い環境で暮らす生き物と北極の寒い環境で暮らす生き物は、生活習慣も違います。

 

それは、人間も同じです。

 

日本は四季がありますので、一年間四季に合わせた生き方が大事になります。

 

人間も自然の生き物の一つであり、地球を含めた宇宙の一員であることを忘れてはいけません。

 

人間は、便利なものを創り出す知恵があります。

 

寒ければ暖房、暑ければ冷房。

 

日本の今は、一年中快適な暮らしができるようになりました。

 

しかし、日本人の四季に対応するDNAは簡単には変わりません。

 

北極の白熊に、暖房の部屋で一年中暮らせと言っても耐えられないと思います。

 

冷暖房が完備されてなかった昔では、自然の四季に合わせた賢い生活の教えがありました。

 

中国で生まれた東洋医学で言われる陰陽五行論は、日本人にとっても当てはまる教えです。

 

秋分の日・春分の日・夏至・冬至・満月・新月・滿汐・引潮などに合わせた行事。

 

行事は、風習だけで行うだけではなく、自然の環境に合わせた生き方を教えてくれています。

 

便利になった生活はいいのですが、四季に合わせた生活習慣がどんなものかを知り、実践することは大事だと思います。

 

けっして昔のような不自由な暮らしを求めるのではありません。

 

便利な世の中でも死ぬまで健康で生きていきたいのなら、体調不良になる前に、四季に合わせた生活習慣を実践していくことをお勧めします。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

 

1 / 1912345...10...最後 »
page top