ブログ | 腸内環境サプリメント「惚れ惚れウンコ」など健康補助や美白食品の通販とマクロビ、ストレッチスクールの八○屋


ブログ

不安定な心に「スパイス」をチョイス

2022/05/04

 

 

ダースベーダ兜

 

春は強風の季節です。

風と共にやってくる不安感、不平不満、頭痛やめまい・・・

そんなモヤモヤを体操と食のスパイスで解決していきましょう!

5月はメイストームと呼ばれる温帯低気圧が、台風並みの威力をもってやってくることが多い季節です。

東洋医学では、この春の影響を「肝風」と表し

「肝」が弱い人にめまいや頭痛を感じさせるものと考えられています。

これに加え、5月の連休が終わったころ、4月からの慣れない生活や忙しさのせいで、

食事を適当に済ませたり、連休中にいつもと異なる食生活を送ったりして、疲れきっているのが現実です。

そんな時は、結果的にカラダのメンテナンスは後回しになっているかもしれません・・・

そんな心とカラダの不調は、仕事や学校などに行きたくなくなる「五月病」のような

症状を感じ始めることにつながります。

これを東洋医学では「肝胆湿熱」(かんたんしつねつ)といい、

肝臓や胆嚢、腸に負担がかかる食事をとることにより、心とカラダに炎症を起こしている状態です。

この状態が発生すると、興奮したり、イライラしたり、不安になったり、ひどく落ち込んだり、

さまざまなマイナスの感情を感じてしまいます。

カラダのほうでも、下痢や便秘、吐き気や嘔吐、女性の場合は匂いが強いおりもの、顔の赤みや湿疹など

としてあらわれることがあります。

すると心の不調だけでなく、カラダにも不調を感じると、さらにストレスは増していきます。

この5月の時期、新しい生活に少しなじんだにもかかわらず「肝胆湿熱」によって

心とカラダがうまくコントロールできないと、自分の置かれた状況に不平不満を感じやすくなってしまいます。

この「肝胆湿熱」の原因の一つが腸に生えた「カビ」の存在です。

このカビを「カンジタ菌」といい、私たちのカラダの全身に生息する常在菌です。

カラダの中でも特に、腸内に生息しやすいという特徴があります。

食生活の悪化により、カンジタ菌が増殖すると、菌糸が伸びて腸壁に穴をあけて炎症を起こしたり、

その炎症を防ぐために副腎からコルチゾールが過分に分泌されたりと

心の疲れを増進させ「うつ」のような症状にもつながります。

そして、カンジタ菌は毒素として「アセトアルデヒト」を分泌します。

この「アセトアルデヒト」はお酒を飲んだ時の二日酔いの原因物質と同じものなので、肝臓に負担をかけます。

それだけでは終わらず、肝臓の負担を増やし、血糖値の異常にもつながります。

カンジタ菌が分泌する「アラビノース」という物質は糖質の「グルコース」と似た構造をとっています。

このカンジタ菌がアラビノースを分泌すると「カラダは血糖値が上がったんだ!」と勘違いし、

血糖値を下げるためにインスリンを分泌してしまうため、低血糖を起こします。

すると、眠気やだるさ、集中力の低下を起こします。

湿度が高くカンジタ菌が増殖して、胃腸の働きが低下しやすい梅雨入り前の5月は心のメンテナンス期間です。

食生活で気を付けることは、カンジタ菌のえさとなる砂糖、グルテン、カゼイン、アルコールを

控えていくことです。

食物繊維を多くとり、腸内環境を整え善玉菌優位にできるようにしていきます。

すると腸内が弱酸性になるため、カンジタ菌が過ごしにくい環境になります。

この時期に、特に、おすすめの食材は消化補助食品のキャベツ、昆布、オクラです。

食にも気を使い、綺麗な自分を作っていきましょう!(^^)!

氣がつけば健康 振り返れば幸せ

~~~~~~~~~~~~

編集後記

ケガをしたことによって、たくさんの気づきがありました♪

電車の中で、ペッボトルをあけられないときに

「開けましょう!(^^)!」と声をかけていただいたり、席を譲っていただいたり。

職場では、スタジオのお片付けを助けてくださったり・・・・

普段は気づかない人の優しさに触れて、心が温かくなることが多くありました。

ケガって大変なこともありますが、私にとっては人生のプレゼントなのかもしれませんね♪

大切にこの時期も過ごしていこう、と思っています。

 

 

表裏寒熱虚実

2022/05/01

生姜

 

東洋医学は、西洋医学と病氣に対する考え方が違います。

 

『風邪の引き始めには葛根湯。』などという宣伝があります。

 

西洋医学は病名によって薬を選びますが、東洋医学は病名だけで薬を選びません。

 

私たちは子供のころから西洋医学で育ったので、東洋医学の考え方はほとんど理解できないか難しいもの、又は不思議なものと思っている人も多いようです。

 

世の中で私たちは、「陰と陽」「善と悪」「勝と負」などと全く逆なものの存在の中で生きています。

 

人間の体質も、冷え体質と熱体質があり、東洋医学では「寒と熱」と言います。

 

寒が悪い、熱が悪いというものではありあません。

 

冷えすぎたり熱すぎたりは病氣の原因となりますが、各々の体質に良し悪しはないのです。

 

西洋医学では、病名によって誰でもが体質に関わらず同じ薬を使います。

 

同じ病名だとしても、東洋医学では、体質が違うと体質によって薬(処方)が変わるのです。

 

冬は寒く風邪をひきやすいので、風邪予防や寒さ対策のサプリメントのCMが・・・・。

 

『生姜の入った生姜~グラム、通常の50倍も入ったサプリメントを摂りましょう。』

 

と言っても、東洋医学でいう熱症の人がそんなに摂ったら熱くなりすぎませんか?

 

そもそも寒熱関係なく誰であっても、通常の50倍もの生姜を摂ってどうするんでしょう?

 

ほかにも乳酸菌1兆個分、レモン100個分などというサプリメントはたくさんあります。

 

東洋医学では、治療や処方は誰でも皆同じではなく、人それぞれ体質が違いながら特徴を生かして健康でいるのだから、病氣になったら人それぞれの違った薬が必要なのです。

 

薬だけではなく、人はそれぞれ違うのだという考えは大事だと思います。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

 

口呼吸は心理的にダメージを与える

2022/04/19

鼻

私達人間が呼吸をするのは、鼻か口のどちらかですね。

動物はすべてそうですが、もともとは鼻から吸う呼吸が自然なのです。

それは、鼻には吸った空氣を浄化する機能が備わっているからです。

鼻呼吸は吸った空氣中のホコリをとり、乾燥した空氣に適度な湿度を加えて、

喉や肺にとって刺激の少ない空氣にしてくれるのです。

口は元々呼吸をするためにあるわけではありません。

食べ物を食べるためです。

ところが、喋ることを選択した人間は、口でも呼吸ができるように進化したのです。

しかし口呼吸をしてしまうと、乾燥した冷たい空氣が口から直接体内に取り込まれてしまうので、

口腔内や喉が乾燥し、細菌が直接侵入して、粘膜に炎症が起きてしまいます。

その結果、2つのことが起こります。

まず免疫力の低下です。

口呼吸で体内にたくさんの雑菌がとり込まれると、白血球やリンパ球などの

免疫機能に異常が生じます。

そのために腎臓病、アレルギー疾患、アトピーなどの肌荒れの原因になります。

さらに風邪を引きやすくなり、口臭、歯周病、虫歯の原因にもなります。

さらに、うつにも・・・・・。

口呼吸は心理的にも悪影響を及ぼします。

口呼吸によって雑菌が体内に入った結果、体内に炎症を起こします。

それを鎮めようと免疫系が闘っているため疲れやすくなります。

疲労度と抗うつ度は比例します。

とても疲れるのです。

今日は、口呼吸は心身のダメージを起こすことをお伝えしました。

次回は、口呼吸を鼻呼吸に変える方法をお伝えします。

氣がつけば健康 振り返れば幸せ

~~~~~~~~

編集後記

先日、山で滑って手首を骨折してしまいました。

すぐ冷やしたのであまり痛みを感じずに病院に行ったので

大したこともなく過ごしています。

雨上がりの山道には気をつけてくださいね(^ ^)

 

 

花粉症のカラダ

2022/04/06

花粉症

花粉症の人のカラダは、アトピー性皮膚炎を含めたアレルギー体質の人のカラダと非常に似ています。

花粉症の人もアレルギー体質の人も、肝臓がくたびれて独特の硬さになっています。

ちょうど自家中毒状態の人のカラダとよく似ていて、右の肋骨のあたりを触るとわかります。

肝臓がくたびれて硬くなってくる原因は、右の腕の疲労と目や神経(頭)の疲労が多いようです。

右の腕の疲労が右の肩甲骨に負担をかけて、それが肝臓までに波及していきます。

(右肋骨あたりに肝臓があります。)

右の腕の動きが悪くなりますから、今度は左腕で頑張ろうとします。

すると、左肩が上がる形になり、左の肩甲骨の動きが悪くなっていきます。

ですので、花粉症の人たちは、左の肩甲骨が硬くなっている場合がほとんどです。(T_T)

左側には心臓がありますので、心臓にも負担がかかっています。

花粉症にはくしゃみが伴いますが、くしゃみによって、硬くなった首や肩をほぐすことが出来ます。

ですから、花粉症のくしゃみは、体内の異常を調整しようとするカラダからのメッセージともいえます。

花粉症という症状が出ないと、一氣に心臓病や肝硬変になってしまう可能性があるのです。

そういう意味で、花粉症はカラダの異常を知らせてくれるサインであり、同時に異常を調整しようとするカラダの働きなのですから、決して嫌がってばかりいるものではないと、受け取ってください。

☆心臓や肝臓の弾力を回復させるために肩甲骨を動かす運動をしましょう!

・猫の背回し・猫のポーズ

・首から肩甲骨を揺さぶる体操

・肩回し。後手合掌

・足首回し、手首回しは花粉症には特におすすめします

これらの体操で心臓や肝臓の停滞が解消されるに伴い、自然に花粉症の症状も和らいでくれます!(^^)!

食事法は特に氣を付けていきましょう!

食べたものが自分の未来を創るのです。

カラダだけでなく脳神経も食べたもので作られています。

肝臓の疲れをとるためにも16時間酵素断食がおすすめです。

肝臓は酵素のかたまりですから、内臓を休ませ、肝臓を元気にする酵素をたくさんとりましょう!

動物性たんぱく質は控えましょうね!(^^)!

氣が付けば健康、 振り返れば幸せ。

~~~~~~~~~~

編集後記

車が壊れたので修理に出しています。

いつもは車で行く買い物を歩いて行ってきました。

今日は雨でとても寒かったのですが、草木はとても元氣で美しかった!(^^)!

桜も雨に濡れて少し寒そう・・・

でもそのはかなさがとてもいい感じで、今年の最後のお花見が出来ました。

 

 

春の骨盤

2022/03/28

article_art001883_2

春になるとお尻は大きくなる!?

骨盤が開きながら上がるのが、特徴的なのが春です。

骨盤が上がることで氣も上がってしまい、のぼせや感情の乱れが起きやすくなります。

骨盤の土台は股関節です。

その股関節の動きを快適にしてくれるのは脚の筋肉です。

骨盤の動きがスムーズになるように脚のストレッチをたくさんやっていきましょう。

脚のストレッチには内臓の疲れを取り去り、筋肉を柔らかくすることができます。

太腿の内側には、排尿に関係する症状を改善するエネルギーが流れています。

夜中に何回もお手洗いに行きたくなる・・・膀胱炎になることが多い…など。

開脚して内股を伸ばしましょう!

太腿の外側には大腸に関するエネルギーが流れています。

便秘や下痢を繰り返す症状・・・

手足が冷えている人は、脚を内側に倒し腿の外側を伸ばしましょう!

太腿の裏側には汗を出すためのエネルギーが流れています。

運動をしても汗が出ない・・・の太腿の裏側が縮んでお尻も硬くなっていますよ。

脚を前に投げ出して、腰から前屈しましょう!

知っていますか?

汗はおしっこの6倍の毒素を排泄することが出来るのです。

汗をかくと体温は下がり、大量の尿と大量の便を排泄すると体温は上がります。

骨盤の動きを改善する目的の脚のストレッチは、

カラダの中に溜まっていた老廃物を排泄することもできるのです!(^^)!

春は、骨盤の動きが活発になるとともに、身体を浄化する最も適した季節なのです♪

~~~~~~~

編集後記

自転車を購入しました!

もちろんピンク。

我が家は坂の上なので、スタートの時は風を切る感覚が気持ちいい・・・・

しかし、帰りは上り坂。

毎日、へとへとで帰ってくるのですが、

これもまた筋肉を鍛え、肺を鍛えて家に着くころにはゼーゼー、ハーハーです。

筋肉を鍛えたあとは、夕飯がとても美味しい!

これから夏に向けては、更においしいビールも味わえそうです!(^^)!

 

page top