ブログ | 腸内環境サプリメント「惚れ惚れウンコ」など健康補助や美白食品の通販とマクロビ、ストレッチスクールの八○屋


ブログ

それぞれの意識

2019/10/12

ゴール

運動でもカラダに良い食事方法でも、それを行う意識が大事です。

 

意志はあるのですが、意識が続かないと当然結果が出ない。

 

どんな健康法も意識を持って続けることで氣付きが出てきます。

 

ほんとうの体操教室は、カラダのどこがどうなるかの目的があって教えているはずです。

 

受講生各人体型が違うはずですので、自分の場合はどこがどうなっているかを自問自答(内観)

しながら、体操前と体操後の変化を感じることがだいじです。

 

体操教室などで、みんなと同じ動きをやっても動きだけ先生の真似をしているのと、自分を

内観しながら自分のカラダの変化に氣づくのとでは結果が大きく違ってきます。

 

体操の動きだけを覚えた受講生は、覚えただけで満足する傾向があります。

 

満足したのですから、ほんとうの目的まで覚えきる前にそこでやめてしまう人が多い。

 

意識を持ち続けていると知識も増えてきます。

 

健康食品でも、もっともな宣伝を鵜呑みにして摂り入れるよりも、自分の意識がそこにあるかないかで、自分に必要なものを摂りいれているか、いらないものまで摂り入れているかが分かってきます。

 

どんなに偉い先生の言葉だろうが、どんなにまことしやかな理論理屈だろうが、どんな有名な人の勧めだろうが、自分の内観の答えにはかないません。

 

健康オタクや健康マニヤではなく、自分で経験体験した中で、内観で得た結果を将来の健康法として身に着けてこそ、病氣にならないカラダ作りだと思います。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

 

~~~~~~~~

 

☆健康で幸せになる心とカラダの鈴木保江のホームページ
硬いカラダ、緩みすぎたカラダでは運がつかめません。

運をつかむカラダつくりをお試しください。

出張パーソナルトレーニング実施中!
ホームページ: http://www.shizenhi.com

☆健康情報提供のメルマガ
携帯でもPCでも登録は簡単!
メルマガ登録はHP画面トップから

フェイスブック:https://www.facebook.com/808aoki

URL:https://www.hachimaruya.com/

惚れ惚れウンコの素の定義

2019/10/06

定義

腸の健康維持である健康補助食品は、『惚れ惚れウンコの素』と言います。

 

文字通り“惚れ惚れとするようなウンコ”が出るようになりますので、そのような名前で呼んでいるのですが、“惚れ惚れ”とはどんな便の事を言うのか?

 

具体的には

①太くて長~い黄金色をした排便。

②一気に排泄されて残便感が少ない。

③甘酸っぱい感じの匂いあれども、クサイ悪臭がない。

④程よい硬さがあって、便器は汚れず、紙も汚れない。紙の使用量が少ない。

⑤快感を覚えるような、気持ちの良いスムーズな排便感があります。

 

幼児が排泄する健康な排便は、バナナ状ではなく、ナギ刀のような長い1本物が一気に排泄されます。

 

上行・横行・下行結腸・直腸に溜まっていた便が途切れず一気に排泄されます。

 

こんな気持ちの良い排便を体験した時には、思わずトイレの中で笑ってしまい、トイレタイムも楽しくなってきます。

 

惚れ惚れとした排便は、腸内環境がビフィズス菌優勢となっている証拠ですので、ビフィズス菌が優勢になったならば誰にでも体験できるようになります。

 

長年、便秘などのために腸が変形している人の場合、腸が正常な状態に戻るまではナギ刀1本になりませんが、ビフィズス菌が優勢な腸内環境を保ち続けるならば“惚れ惚れ”排便の可能性は十分あります。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

 

~~~~~~~~

 

☆健康で幸せになる心とカラダの鈴木保江のホームページ
硬いカラダ、緩みすぎたカラダでは運がつかめません。

運をつかむカラダつくりをお試しください。

出張パーソナルトレーニング実施中!
ホームページ: http://www.shizenhi.com

☆健康情報提供のメルマガ
携帯でもPCでも登録は簡単!
メルマガ登録はHP画面トップから

フェイスブック:https://www.facebook.com/808aoki

 

腸内環境は単純である

2019/09/22

腸内環境単純

 

人間の腸内には、約100兆個もの腸内細菌が住んでいると言われていますが、大きく分けると

<善玉菌>と<悪玉菌>の2種類です。

 

<善玉菌>

人間にとって有益な物質を生産

優勢であれば健康

優勢であれば便は悪臭ではありません

ビフィズス菌

オリゴ糖などの糖質をエサとして増殖

 

<悪玉菌>

人間にとって有害な物質を生産

優勢になると病気

優勢になるとクサイ悪臭便になる

大腸菌

肉・卵・魚などをエサとして増殖

 

肉・卵・魚など動物性蛋白質が好きな人と嫌いな人では、当然、腸の中に住む腸内細菌の種類が大きく違ってきます。

 

腸内では、発酵(有益細菌の分解活動)腐敗(有毒細菌の分解活動)という2つの活動が行われています。

 

<善玉菌>が増殖すると発酵が活発になります。

 

発酵とは多糖類が単糖類に分解され、さらに細菌によって酸とガスに変わる一連の流れを示していますが、この発酵の過程で作られる酪酸には癌細胞を抑制する働きがある事が解っています。

 

<悪玉菌>が増殖すると腐敗が活発になります。

 

動物性蛋白質を食べるとクサイ悪臭便が出るのは、この腸内の腐敗によるものですが、これによってアミンなどの腐敗産物が作られ癌の促進因子となるのです。

 

悪玉コレステロールなども、<悪玉菌>が作ったものです。

 

毎日多少でも排便のある人は便の状態に関係なく、自分は異常便ではないと思っています。

 

しかし、食事の量に比べて排便の量が少ないのはオカシイですし、特に、クサイ“悪臭便”は“異常”です。

 

口から入った食べ物は食道を通って胃に送られて消化され、十二指腸を通過して小腸から大腸に到達します。(約6時間)

 

その後、残りカスが便として肛門に送られるのがほぼ6時間ですから、口から入った食べ物が便として排泄されるまでの時間は、12時間という事になります。

 

夜の7時頃の食事は、翌朝の7時頃には便となって出てくるのです。

 

健康な子供は、食事の途中でも排便します。

 

胃の中に食べ物が入ると、腸が同時に動き出しますので当然のことであり、健康な子供の排泄機能は正常なのです。

 

腸の衛生に関する研究の第一人者であり、非常に多くの臨床経験をもっておられた故ケロッグ博士は、「人間は食事を摂ったら、必ず24時間以内にそのカスを排泄すべきである。」と言われていました。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

 

~~~~~~~~

 

☆健康で幸せになる心とカラダの鈴木保江のホームページ
硬いカラダ、緩みすぎたカラダでは運がつかめません。

運をつかむカラダつくりをお試しください。

出張パーソナルトレーニング実施中!
ホームページ: http://www.shizenhi.com

☆健康情報提供のメルマガ
携帯でもPCでも登録は簡単!
メルマガ登録はHP画面トップから
ブログ: https://www.hachimaruya.com/archives/423/

フェイスブック:https://www.facebook.com/808aoki

変形してしまった異常な形の腸

2019/09/15

yjimage

甲田光雄医学博士の唱える理論の中心柱となる考え方は、“宿便は万病の元”という点であります。

 

確かに憩室の中に古く溜まった古便や、長年に渡るがんこな便秘の人などのように腸壁にこびり付いた特別な宿便もありますが、それだけではなくて、毎日食べる食事の量に対して便の出る量が少ない人の腸の中に溜まり続ける便の事を指して宿便というのです。

 

ストレスの影響で胃腸の動きが鈍り処理能力が低下した時などは、宿便が溜まりやすくなります。

 

どんどん食べるのに出ない便・・・。腸管内に過剰な食物が溜まり・・・。

 

やがて腸壁がゴム風船のように膨らんだ状態となり、1~2週間も腸に停滞してきます。

 

腸管は長く伸びて腹腔内で垂れ下がったり曲がりくねったりするようになり、今度はそれら腸管を固定するために腸のあちこちで癒着が起こってきます。

 

腸の変形が次第に醜くなり狭窄やネジレなども生じてきます。

 

こうなると便秘薬の助け無しでは便が出なくなります。

 

最大の原因は“過食”であり、特に問題なのは、動物性蛋白質の“常食”です。

 

動物性蛋白質の常食はクサイ“悪臭便”の原因となり確実に宿便が滞留するようになり、悪玉菌を増殖させ、ありとあらゆる病気の原因となっていきます。

 

毎日便が正常に出ていると思っている人でも過食の人の腸の中には、宿便が溜まっているので要注意です。
便秘薬常用者の腸は、伸びきった風船のように収縮力を失い、より強い便秘薬の力に頼らなければ排便できなくなります。

 

便秘薬の常用が、腸の力を失わせ腸を異常な形にしてしまうのです。

 

 

根本的に治したいならば“急がば回れ!”、ビフィズス菌が優勢な腸内環境を保ち続ける事です。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

 

~~~~~~~~

 

☆健康で幸せになる心とカラダの鈴木保江のホームページ
硬いカラダ、緩みすぎたカラダでは運がつかめません。

運をつかむカラダつくりをお試しください。

出張パーソナルトレーニング実施中!
ホームページ: http://www.shizenhi.com

☆健康情報提供のメルマガ
携帯でもPCでも登録は簡単!
メルマガ登録はHP画面トップから

フェイスブック:https://www.facebook.com/808aoki

 

口臭・加齢臭で悩む人

2019/09/06

口臭・加齢臭

口臭を消したいならクサイ悪臭便をなくす事です。

 

クサイ“悪臭便”の人は、オナラも同じようにクサイ悪臭があります。

 

オナラを我慢しているとオナラが消えてしまいます。

 

消えて無くなるのではなく、腸粘膜からオナラが吸収されてしまうのです。

 

それが血管を通って肺まで運ばれ、最終的には口から吐き出されるのです。

 

いわゆる口臭は口から出てくるオナラなのです。

 

加齢臭も皮膚から発することで原因は同じです。

 

ほとんどのインドの人は宗教上、肉、魚、卵などの動物性蛋白質を食べないので、(現代は?)口臭や体臭、悪臭便はありません。

 

生活習慣病や免疫力低下という話題も起こりません。

 

健康の元は食生活にあります。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

 

~~~~~~~~

 

☆健康で幸せになる心とカラダの鈴木保江のホームページ
硬いカラダ、緩みすぎたカラダでは運がつかめません。

運をつかむカラダつくりをお試しください。

出張パーソナルトレーニング実施中!
ホームページ: http://www.shizenhi.com

☆健康情報提供のメルマガ
携帯でもPCでも登録は簡単!
メルマガ登録はHP画面トップから

 

 

2 / 1812345...10...最後 »
page top