ブログ | 腸内環境サプリメント「惚れ惚れウンコ」など健康補助や美白食品の通販とマクロビ、ストレッチスクールの八○屋


ブログ

第37回江東シーサイドマラソン大会

2017/12/05

171126_080852

先月26日。

 

第37回江東シーサイドマラソン大会壮年10キロの部に参加しました。

 

ハーフマラソンの部を含めて約3,000人の参加者でした。

 

私が参加した壮年10キロの部は約370人で、私は100位でした。

 

ピタリ賞があったら嬉しかったのですが。(宝くじじゃない(^-^; )

 

年中行事で毎年この大会に参加しているのですが、昨年まではまったく練習はしないで出ていました。

 

昨年は、後半調子が良くなったのでスピードを上げたのですが、残り2キロで膝が痛くなって、歩くようなスピードでしか走れず、何人も抜かれてゴールしました。

 

今年は忙しい中、時間を作って少しですが無理をせず練習を毎日しました。

 

参加者が多いレースで私のような遅い選手は、並んだ列の後ろの方に位置取りをします。

 

スタートしてからスタートラインに来るまで1~2分かかります。

 

初めは1キロ6分ペースで行き、調子が良くなったらペースを上げる計算でした。

 

(現役の頃は、1キロ2分台で走ったのになぁといつも思います。)

 

5キロを過ぎて何だか調子がいいのでペースを少し上げてみました。

 

行けそうです。

 

前の選手をどんどん抜いて行きます。

 

あと2キロ地点になりますと、昨年膝に痛みが出てリタイヤ寸前の事を思い出します。

 

しかし、今年は痛みがない。

 

走るペースは、一旦上げたらそのまま押し切らないと、少しでもペースを落としたらどんどん落ちていきます。

 

1キロ4分半に全開したアクセルは落とせません。

 

そのまま気持ちよくゴールへ。

 

と思ったのですが、後ろから迫ってくる足音が。

 

ここまで来たら抜かれたくない。

 

自分の実力を省みず無謀にもダッシュで猛スパート。

 

あの内臓がえぐられるような感覚。

 

何とか逃げ切りました。

 

あそこで気持ちよくゴールしていたら、後ろの選手に抜かれて101位でしたので、100位というラッキーな順位(自分で思っているだけ)はなかったのです。

 

梅沢富美男の歌 夢芝居のセリフで、『稽古不足を幕は待たない。』とありますが、年に一回のレースであっても、少しずつでも毎日コツコツと続けることを習慣にしてしまえば、いい結果は期待できます。

 

死ぬまで健康でいるために、改めて毎日の生活習慣の大事さを実感しました。

 

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

 

 

 

 

時間の定義

2017/11/14

image[1]

健康のために、半身浴をお勧めしております。

湯船に浸かり、鳩尾から下をじっくりと温めます。

上半身はお湯に浸からないので、手もお湯に入れません。

じっくりと自分のカラダの状態や精神状態を観察(内観)していきます。

お湯に浸かったばかりはあまり熱さを感じず、こんなんで汗が出るのかなぁと思います。

20分ぐらい経つと、上半身や手の指先まで暖かさがカラダを巡っているのが感じられると思います。

20分ぐらいで、カラダが汗をかく準備できているのを感じることができると思います。

その後、25分から30分経過すると、腕からも玉のような汗が出てくるようになります。

40分で、ほぼカラダ全体が温まり、カラダの循環が順調になったところで半身浴は終了。

半身浴の後は、カラダも心も爽快になります。

半身浴は40分という理由は、このような経過を感じることです。

どうしても時間がとれない人は、20分は行った方がお勧めです。

私は以前、スイミングスクールで子供たちを指導していました。

子供が水泳に集中し始めるには20分経過した後です。

20分前の子供たちは落ち着きがなくなかなか集中しないのですが、20分をすぎるとこちらの指導がスムーズに伝わっていくのが分かります。

なので私は、初めの20分まではあまりガミガミ言わないようにしていました。

これは、子供だけではなく、大人も同じだと思います。

私の仲間は、小学校の先生から実業団の監督まで指導者と話す機会が多いのですが、良い成績をあげている指導者ほど、20分の大事さに賛同してくれます。

20分の大事さ、そして40分の結果。

しっかりと自分を内観することは、心とカラダの状態が分かり、自分の健康促進以外にも、他人とのコミニケーションにも生きてきますので、半身浴を毎日の生活習慣にしたらいいと思います。

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

考え方の根本

2017/10/31

untitled

私共八〇屋では健康補助食品を販売しております。

私共では特に宣伝などはしませんので、人から人へと伝わって注文がきます。

惚れ惚れウンコの素という商品がよく出るようですが、名前が名前だけに、商品購入の方々には『便秘のために飲むのではありません。』と、詳しく内容を説明します。

いくら説明しても理解できない人は、健康補助食品は世に多い健康食品とは違うんです、ということが分かっていただけないようです。

あるお客様が、『惚れ惚れウンコの素を飲み始めはよく効いたけど、最近は効きが悪くて・・・。』

このような人は一生便通が良くなる薬を追い求め続けるんだなぁと思います。

飲み始めは良かったのに何で最近は効かないのかを考えない。

快便がなぜカラダすべての健康の証なのか理解できない。

そして最も理解していただきたいのが、自分の生活習慣がまったく変わっていないということです。

効いた効かないという目先の現象に一喜一憂し、原因が自分の生活習慣にあるのに、そこを改善しようとしない。

今の生活習慣を続けるための便利で簡単な特効薬の方を求めてしまう。

快便は健康のバロメーターなのですから、快便でない時は、何が自分のカラダに問題があったのだろうかと考えなければならない。

快便は健康のバロメーターだというのは、カラダに何か問題があることを知らせてくれているのですから、自分の食べた食事内容や睡眠時間や疲労度や運動など、改善点はいくらでもあるはずです。

どんな体調不良でも、薬などの効く効かないのせいにするのではなく、自分の生活習慣のありかた、健康に関する根本的な考え方を身につけなければ、一生 世の流行に流され続けるジプシーになってしまいます。

誰のせいでもない、すべて自分の問題ということに氣付いてほしいと思います。

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

現代が過去に追いついた?

2017/10/17

2015010613320000.jpg

先日、NHKの番組で、内臓の各臓器はそれぞれの役割だけでなく他の臓器にも伝達機能があり、各臓器は単独で行動しているだけではない。

各臓器は、カラダ全体で協力しあって活動している。

ということを現代の科学的分野で説明していました。

これは東洋医学でいうと五行論に当てはまるのではないかと思って見ていました。

東洋医学の五行論ができた頃は紀元前ですので、食の健康が今のようなビタミンやミネラルといった不足がちな物質を摂るといった発想はありませんでした。

カラダの各臓器を五つに分け、五つの臓器が喜ぶ味を摂ることが、各臓器を助けるという健康法でした。

肝は酸っぱいものが助ける。

心は苦いものが助ける。

脾(胃)は甘いものが助ける。

肺は辛いものが助ける。

腎は塩辛い(しょっぱい)ものが助ける。

例えば、宴会の席では、初めに酢の物がよく出ます。

これは、肝臓をこれから飲む酒に備えるという意味もあります。

東洋医学ができたころは、五行論が科学的だったのかもしれません。

その五行論は、相生・相剋という考えがあります。

肝は心を生かし、心は脾(胃)を生かし、脾(胃)は肺を生かし、肺は腎を生かし、腎は肝を生かすという伝達機能があります。

逆に肝が旺盛だと脾が負かされ、脾が旺盛だと腎が負かされ、腎が旺盛だと心が負かされ、心が旺盛だと肺が負かされ、肺が旺盛だと肝が負かされるという伝達機能があります。

食材も同じように、相生・相剋の関係があり、好みの味ばかり偏って食べるのではなく、五つの味をバランスよく食べることが、各臓器の健康が維持でき病氣にならないカラダでいられる健康法です。

どの食材を使って料理をすれば美味しい健康法かという『漢方健康料理』という本がありましたが、残念ながら絶版になりました。

五行論と食材の五味の特徴を知れば、工夫して健康料理ができると思います。

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

収穫の秋

2017/09/05

秋の味覚

夏は暑いので汗をかきますので、スイカはカラダを冷やすにはいい水分です。

桃からぶどう・なしなど、秋も美味しい果物があります。

日本は四季がありますので、それぞれの季節に美味しい果物が食べられる良い国です。

自然と共に暮らしている私たちは、自然の恩恵を得て生活することが健康な生き方だと思います。

四季に従って食べたくなる果物が変化していくのも自然の感覚だと思います。

できるだけ多くの人達に、たくさんの美味しい農作物を提供するためには、農薬や化学肥料が使われることは仕方がないのかもしれません。

本来、自然と共に生きるはずの人間も、自然ではない人工的に作られたものを食べ続けていったらどうなるでしょう?

動物実験によって、人間には安全といわれている数値も、毎日摂り続けていった時の長年の影響が出てきていると私は思います。

以前、三大成人病と言われ、一位、二位と順位がつけられ、今の一位はガンです。

生活の変化は、病氣の順位と比例しているのも、食事の要素がかなり強いと思います。

便利な世の中は、冬でもスイカが食べられ、夏でもリンゴが食べられます。

そのようなことができるようになった今は、美味しくなる物質は人工的に作ることができるようになりました。

美味しい食事にするために、四季に応じたいろんな食材を手間と時間をかけて作るより、魔法の調味料を使えば簡単に美味しい料理ができる時代です。

それよりも、料理をするよりも安くお惣菜が買えるということは、手間や時間と金が節約できるかもしれませんが、どれだけの化学調味料を使っているか想像できると思います。

人間は自然を活用し、暑さ寒さに備えることはできますが、自然を制覇することはできません。
これから収穫の秋は、美味しいものがたくさん出てきます。

人間も自然の一部なのですから、季節に取れる美味しい作物を食べて、健康を維持したいと思います。

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

1 / 1212345...10...最後 »
page top