ブログ | 腸内環境サプリメント「惚れ惚れウンコ」など健康補助や美白食品の通販とマクロビ、ストレッチスクールの八○屋


ブログ

お風呂の活用

2017/06/20

hannsinnyoku

お風呂に入る目的は?

汚れを落とすため。

そんなにカラダって汚れるのでしょうか?

ちょっと汗をかくと臭い臭いと防臭のCMが・・・。

日本人はそんなに臭くないと思いますが、もしカラダが臭いとしたら食べ物が原因です。

その話しはまたあとで。

汚れを落とすだけならシャワーでサッサとキレイにすればいいのですが、ゆっくり湯船に浸かるのがカラダにはいいと日本人は昔からの習慣にしているようです。

入浴のしかたもいろいろありますが、半身浴はオススメの一つです。

鳩尾から下をお湯に浸かって最低20分、できる人は40分。

半身なので手も浸かりません。

この何にもしない時間が大事なのです。

自分のカラダの体調を観察し、自分の生活行動を見つめる内観の時間です。

自分のカラダの声を聞いてあげるのです。

どこが疲れているか、内臓か、筋肉か、脳か、心か・・・。

10分ぐらい浸かっていると手から玉のような汗が出てきます。

カラダが循環している証拠です。

汗はお小水の6倍の毒素が出ているといわれています。

老廃物の排出にもかなりの効果。

湯船にゆっくり浸かっていると、自律神経もリラックスします。

お風呂の入り方も目的があるようで、朝、熱~いお湯に短時間入り、一氣に体内の氣を上げ一日のスタートの準備をする人もいます。

人によってお風呂の入り方は様々だと思いますが、朝でも夜でも心身の健康に、湯船に浸かる入浴をおススメします。

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

いらないものは出す

2017/06/13

2013120809340000.jpg

私は毎日朝食を食べませんし、毎月一回の一日ファスティングをおこなっています。

ファスティング=断食は、修行ではなく、内臓を休ませ、カラダに溜まった不要な老廃物を出すためです。

一日三食食べている人は、食べないということが理解できないようです。

一日三食食べている人は、食べないと力が出ない、フラフラする、などと言います。

一日三食食べている人は、テレビでも、医者でも栄養はこのぐらい必要と言ってるし、病氣予防にはしっかりカラダを作ることが必要と言っていると言います。

数字の計算でいうと正しい理論かもしれませんが、健康のために必要な食事であれば、なぜガンなどの生活習慣病が増える一方なのでしょうか?

そして、なぜ痩せる宣伝が多いのでしょうか?

カラダは食べ物からできています。

できてしまったカラダが不調だとしたら、薬や病院で治すより、不調にならない食事内容にしてカラダを作っていった方がより健全だと私は思います。

小食やファスティングを実施しようとする人の中には、初めはフラフラしたり、不調や不良を感じる人がいるようですが、今までのカラダに対するツケが出たと思えばだんだん慣れてきます。

仕事で疲れれば休憩をとるように、内臓も使い続けてばかりでは正常に機能できなくなるのであれば休憩が必要だと思います。

そんな内臓の不調を自覚した時、なんか調子が悪いと思えば、調子を整えるなどの理由で薬や健康食品を摂りませんか?

胃の調子が悪いと思えば、胃薬を飲んでまで三食食べないで、胃を休ませればいいというのは簡単なことだと思うのですが・・・。(^^;)

それは肝臓も腎臓も同じことだと思います。

世の情報は健康になるための情報というより、何かを売らんがための情報のように思えるのですが・・・?

新しい商品を買っても古いものを捨てないと、使わないものはゴミとなって溜まっていきます。

入れることばかりが注目されますが、出すことの方が大事だと思います。

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

子供の教育より大人の教育

2017/05/23

仕込み

ついこの前まで、日本人のガン患者は4人に1人といわれていましたが、今は2人に1人だといいます。

ガンを治す薬や保険、その他たくさんの対策が増えています。

ガン以外でも、新しい病氣が発生すれば新しい薬が開発されるという方向に人類は向かっているようです。

ガンの原因はもともとなんなのでしょう?

ガンになるカラダを作ったのは誰のせいでもない自分自身ではないでしょうか?

カラダを作るのは食べ物です。

食べ物を提供する業社も生活がありますので、営利は追求することは当然でしょう。

世の中が求めている食べ物は、安くてきれいで美味しいもの。

美味しくするのはそれほど難しく無く、人工的に作られた調味料を使えば美味しくできます。

美味しいと思い込んだ舌は、本物の味を忘れてしまい、本物がまずいと思ってしまいます。

食材をキレイに見せるには添加物を使えばキレイに見えます。

肉や魚は赤くキレイに美味しそうに(高級そうに)見せることも簡単です。

外食でなくても家庭料理の材料までガンの原因となる物質が蔓延しているということは、
2人に1人がガンになるということが理解できる氣がします。

利益追求の世の中と、安ければ美味しければいいという考え方から、自然界にあるそのまままの食材を大事にし、味噌醤油などの調味料も適切な時間と労力がかかったものを食べることが大事だと思います。

野菜も、農薬や化学肥料をなるだけ使っていないものを選ぶことも大事だと思います。

そういういいものを選ぶと、毎月の食費は多少高めになるとは思いますが、ガンで入院する医療費や精神的負担に比べたらどんなもんでしょうか?

私たちは自分のガンを心配するどころか、子供や孫の世代のことまでしっかり考える必要があると思います。

それには健康で生きていく考え方の教育を自分たち大人が見直す必要があると思います。

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

大事なのは、すべて考え方

2017/05/16

小川

腸内環境が大事だというコマーシャルが多くなってきました。

どのコマーシャルでも腸に有効なビフィズス菌、乳酸菌、さらに生きた菌を摂取する内容ばかりです。

医薬品でも健康食品でも善玉菌を摂取すれば、一見腸内環境が整ったように思えます。

いくら善玉菌を摂取しても定着しなければ腸内環境が良くなったとはいえません。

善玉菌が定着するということは、腸内が活発に活動し、自力で作られる腸内生産物質が増えることです。

その結果が排便に現れます。

臭くない、アッという間のトイレタイム、便器が汚れない、排便後紙に便が付かない。

それが続けば、そのうちに惚れ惚れとした排便を経験するはずです。

惚れ惚れとした排便とは、太くて長い一本もの。

信じられないような太さと長さです。

バナナなんて当たり前、『ナギナタのよう。』と表現しても過言ではありません。

しかし、今の豊かな食生活では、腸内の悪玉菌が好む内容がほとんどを占めています。

江戸時代のような食生活をすることは困難に近い。

どうしても毎回の食事に、補助的に善玉菌が好む内容をプラスする必要があります。

そのような商品は『惚れ惚れウンコの素』しかないと思います。

『惚れ惚れウンコの素』は、薬や健康食品のような他力でカラダを変えものではなく、自力でカラダを整えていく補助的な食品です。

薬でも、健康食品でも健康になりたい手段としては、健康に対する考え方を他力に頼る前に、自力が大事だとうことを、毎日の生活習慣に取り入れることを大事にしてほしいと思います。

大事なのは、『考え方』です。

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

調味料を選びましょう

2017/05/02

170502_094256

いつも毎日の生活習慣の大事さをお伝えしていますが、その中でも食事は特に大事です。

なぜなら、自分のカラダは食べたものでできているからです。

食材の大事さは私も分かっているのですが、カラダに良い食材を選ぶ方が困難な時代になってしまいました。

営利優先主義な世の中での私個人のお伝えは、どれだけ世の為になっているのか考えてしまいます。

私の思いを私の代わりに伝えてくれるいい本を見つけました。

神尾哲男著『死なない食事』幻冬舎から出ている本です。

ガンで余命ゼロと言われたフレンチシェフが、自分の得意な料理でガンを克服したという内容です。

自分の体験をもとにして書かれているのでとても納得のいく内容です。

ちょっと意識すれば、誰でも変えられることばかりだし、多くの調味料は本物ではないことが分かります。

醤油、味噌、油、砂糖、みりん、酢。

私共でも販売しているものもありますが、売らんがための宣伝ではありません。

ほんとうに注意しないと、自らのカラダを病氣に導いているようなものです。

私はこの本とは多少意見が違うところはありますが、調味料の作られ方にはとても納得のいく内容です。

それでも外食が多いなどの習慣が変えられないのであれば、最低限の自力健康法をするしかないでしょう。

腸内を善玉菌優勢の環境に維持し、運動をし、脳幹を鍛え、常に心を丸くすることを習慣にすることが必要ではないかと思います。

氣が付けば健康、振り返れば幸せ。

1 / 1012345...10...最後 »
page top